みやねえのWebuzz!!

沖縄在住フリーライター・編集者 みやねえ

[Web×マガジン]10周年で100号達成!女性編集長が語る、フリーマガジンへの挑戦と継続 – 沖縄ラジオVol.9

973 views
[Web×マガジン]10周年で100号達成!女性編集長が語る、フリーマガジンへの挑戦と継続 – 沖縄ラジオVol.9

沖縄でWebライティング講座「みやねえ講座」を開催したり、沖縄と埼玉でデュアルライフ中の沖縄在住フリーライター・みやねえ(@miya_nee3)です。

10月31日(火)は、沖縄のフリーマガジン「be-o」編集長の前田弥生さんをゲストに迎え、フリーマガジンの取材や趣味の旅行ついてトークしました。最初に、ラジオ番組の説明をさせてもらいます。

 

ラジオ番組「みやねえのWebuzz(ウェバズ)!!」とは!?

miya-nee (みやねえ)
Webuzzは、「ウェブズ」ではなく「ウェバズ」と読みます。
❌ ウェブズ
⭕ ウェバズ

SNSで拡散されてネット上で話題になることを「buzz(バズ)」といい、「この記事、バズった!」「この投稿、バズってる!」なんて私も普段よく使います。

そこで、Web+buzzをかけ合わせた番組名の「Webuzz(ウェバズ)」。この番組では、毎回Webに関わるゲストをお呼びして、Webで役立つ情報やサービス、Webで話題の小ネタなどをエディット(=編集)していきます。

女性向けフリーマガジン「be-o」について

沖縄の女性向けフリーマガジン「be-o」沖縄の女性向けフリーマガジン「be-o」は、沖縄在住の20代から30代の女性がターゲット。沖縄の女性が内面から輝けるようにと、ビューティ・ファッション・グルメ・イベントなどのライフスタイルを提案する情報を掲載しています。

毎月1日発行!沖縄本島内のサンエー大型店コンビニエンス、沖縄のモノレール「ゆいレール」の駅モスバーガーで配布中です。

沖縄の女性向けフリーマガジン「be-o」▶be-o ONLINE http://www.be-o.jp/

現在はフリーマガジンだけでなく、ウェブマガジン「be-o ONLINE」も運営し、ビューティ、おでかけ、ライフスタイル、グルメ、ブログ&コラムのカテゴリで発信中。

  1. スマホでも見やすい!
  2. キーワードでサクサク検索できる!
  3. 人気記事が一目でわかる!
  4. メルマガ会員登録でプレゼントをGET!

と、4つのポイントを上げています。

いち早く最新スポットの情報をゲットしているイメージがあり、Twitter(@beo_okinawa)やInsatagram@beo.okinawa)でも情報発信しています。

 

また、元LINE株式会社の代表取締役社長・森川亮さんが立ち上げた女性向け動画ライフスタイルメディア「C Channel(シーチャンネル)」にて、be-oも動画コンテンツを配信。人気の高かった動画がこちらです。

be-oガールとbe-oインフルエンサー

2008年、be-oの表紙を飾るカバーガール「be-oガール」の一般公募をスタートし、毎年オーディションを開催。2016年4月からbe-oインフルエンサーを起用しています。

沖縄のファッション・グルメ・ライフスタイルなどをInstagramでオシャレに投稿し、既にファンを獲得している人たちをbe-oインフルエンサーとして選出しているそうです。

表紙を飾っているのは、主に「be-oガール」の皆さんです。

 

2017年12月1日、100号目の発行を迎えた沖縄のフリーマガジン「be-o」

フリーマガジンからスタートしてウェブマガジンの運営や動画コンテンツの制作もしながら、be-oガールやbe-oインフルエンサーを世に送り出しています。今後も何を仕掛けてくれるのか。沖縄のフリーマガジン「be-o」に注目していきたいところです。

2017年6月24日、私が主催したイベントにも企画協力・ゲスト出演していただきました。女性限定のイベントだったため、男性陣から「行きたかった…」との声が上がり、be-oさんにてイベントレポートを執筆させてもらいました。

個人ブログには、イベント全体を網羅したレポートを掲載。Instagramの基本的な投稿のコツも公開しています。

沖縄の編集長事情!15分間でインタビューした渡辺直美さん

沖縄国際映画祭の一環で訪れていた渡辺直美さんにインタビューした時の話を伺いました。

渡辺直美さんが沖縄に訪れるタイミングでインタビューしたいと、事務所に連絡を取りアポを依頼。多忙なだけにインタビューの猶予は15分間だけ。それでもいいのでぜひお願いしたいとアポを取り付け、前田弥生さん待望の渡辺直美さんのインタビューが実現しました。

取材前に、カメラマン同行でインタビューロケ地の事前視察を行い、万全な体制で当日に臨んだところ、一瞬でポーズを決める渡辺直美さんの表情とポージングに魅了され、あっという間に撮影終了。

15分間で撮影と取材を行った渡辺直美さんのインタビューは、be-oに見開き(2ページ分)で掲載されました。

 

短時間でのインタビューにも関わらず、文字に起こすと膨大な文字数。渡辺直美さんの話し言葉をご本人のテイストに合わせて、読者にも伝わりやすい文章で書くことに細心の注意を払い、紙には文字数限界があるので難しいとも語ってくれました。

be-oインフルエンサーの選定は、沖縄在住者でInstagramの発信力があり、観光とは違う目線で魅力のある個性的なインスタを発信している人を日々チェックして、前田弥生さんが今までに培ってきた感性と直感を頼りに自ら声をかけているそう。

沖縄のフリーマガジン「be-o」では、be-oインフルエンサーがトレンド情報を発信するページを掲載してるんですよ。

 

「旅行が趣味」だという前田弥生さんは、沖縄の離島やLCCを利用して海外にもよく行くそうです。

2017年の沖縄県の発表によると、沖縄の有人島は49島。沖縄本島を除くと、48の有人島があります。前田弥生さんは、そのうち40島に訪れたことがあるんですって。めちゃすごい…

慶留間島(げるまじま)に訪れた時、レストラン「ゲルマニヨン」に立ち寄り、この店が気に入ったとか。Instagramでどんな場所かと調べてみたら、ゲルマニヨンの語彙力からは想像つかないほどオシャレ〜なレストランでした。(インスタの写真はこちら

 

続いて「C CHANNEL」の話へ。この動画は、編集部員がiPhoneで撮影した動画をクリエイターが編集しており、「沖縄男子あるある」の動画に関しては絵コンテを書いて企画を作り込んでいました。後ろ姿の前田弥生さんも出演(?)しているので、ぜひご覧ください。


沖縄のような地方の場合、手渡しできるフリーマガジンのほうが情報を届けやすいこともあります。しかし、時代の流れに合わせてウェブマガジンや動画コンテンツにもチャレンジし、トレンドを追うメディアだからこそ、自らもトレンドを体験し、若者や女性が興味のある話題を収集しては、新たな企画を立てています。

毎月発行していると、終わった!と思った瞬間、また次の号がやってくる。そんな慌ただしい1カ月間を繰り返して気づけば10周年を迎えていたそうです。まさに走りながら考えるを実践しているbe-o編集部のメンバーたち。いつの日か、そんな裏側の姿に密着取材してみたい!機会があったら、ぜひよろしくお願いします!!

 

2018年2月号のbe-oの表紙がカワイイ。

毎月レベルが上がっている気がします。今月号は「バレンタイン特集」という季節感を先取りした内容が気になりますね。

 

最後に、編集長の裏話!「こんなカメラマンさんだと、やりやすい!」

前田さん 自分たちのイメージした表現で写真を撮れる人や提案してくれるカメラマンさんがやりやすいですね。

みやねえ 編集部の期待値を越えてくる人ですね。それ、だいぶレベル高いですよね!

前田さん 今、一緒に仕事してるメンバーはそんな感じで。ほんとありがたいですね。

 

ラジオでトークしている間、取材相手だけでなくスタッフや外部のメンバーを気づかう言葉もちらほら。会話の節々から、人を大切にしながら仕事しているんだろうな…と感じ、恩返しや恩送りを無意識に実践しているような方でした。(素晴らしいな…)

 

安心感のある落ち着いた口調で自分の思いや趣味の話を語ってくれた前田弥生さん。濃厚で面白い話を展開したラジオのトークをYouTuberでも公開しています。

毎月1日発行!沖縄のフリーマガジン「be-o」も読んでみてね。

 

沖縄在住フリーライターみやねえ(@miya_nee)でした。

それでは、また!!

 

毎週火曜14時から、fm那覇で放送中のラジオ番組「みやねえのWebuzz(ウェバズ)!!」。

各回の内容は、こちらからご覧いただけます。

〚スポンサーリンク〛
沖縄在住フリーライター・みやねえのTwitterはこちらです。 もうひとつのブログ「note」も書いてます。