みやねえのWebuzz!!

沖縄在住フリーライター・編集者 みやねえ

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)

853 views
一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)

恩納村の高台に建つ「沖縄科学技術大学院大学」は、2011年11月に設立し、2012年9月に開学した。通称「OIST(オイスト)」と呼ばれ、カフェを含む一部の施設は、一般にも解放されていてる。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)

「沖縄科学技術大学院大学」は、略してOIST(オイスト)と呼ばれ、5年一貫制の博士課程を置く大学院大学。2011年11月、世界で活躍できる科学者を育成する機関としてここ恩納村に設立され、2012年9月から開学した。約40カ国の教職員や生徒が在籍し、1年で約20名入学できる。世界最高水準のプロフェッショナルな科学技術研究と教育を行い、授業や研修は全て英語で行われている。

以前、私が執筆した記事から引用。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)については、詳細が複雑なので下記ページを参照。
→OISTホームページ(日本語版)
→OISTについて
→OISTのニュースセンター
→OISTのイベント情報はこちら

OIST
敷地の入口を車で通過すると、そびえ立つ壁と「OIST」の大きな文字に圧倒される。敷地内へは自由に車で出入りでき、関係者以外立ち入り禁止区域でなければ、ぐるりと周遊することができる。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)坂道を車で上がっていくと、さっそく分岐点。この看板を真っすぐ進めば、来場者駐車場にたどり着く。

 

OIST
世界各国から教員や生徒が集まっているだけあり、看板や標識は日本語と英語の2ヶ国語表記。敷地内の各分岐点に看板があるのでスムーズに誘導してくれる。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)まずは「来訪者駐車場」に車を停めて、目指すは「センター棟の正面玄関入口」へ。来場者駐車場が混雑してる場合は、この看板の右側に建つ立体駐車場を利用しよう。

 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の通路
この長い通路を進むと「センター棟の正面玄関」に通じている。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)通路の途中、左側を見ると広々とした別荘地のような自然溢れる爽快な景色があった。

 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)の受付正面玄関を入ったら、受付で「氏名・人数・TEL」を記入して人数分の入館証(Visitor pass)を受け取る。

 

ここから、自由見学がスタートする。

受付を通過してその先へ進むと、さっそく湾曲を描いた長廊下が出現する。芸術的な建築を施したこの廊下だけでも十分にデザイン空間を感じることができるだろう。

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)サイエンスとアートを融合したポスターの展示。壁に組み込まれたデジタルサイネージでは、学内の研究内容や大学を紹介する映像を流している。

この日は、廊下全体を展示会場にして沖縄の伝統的な織物「芭蕉布」を紹介していた。

 

ここOIST(オイスト)は、建築デザインやレイアウトが芸樹的な設計で施され、普通に歩いていても感嘆の言葉しか出てこない。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)渡り廊下の先には、骨組みだけの無機質なエレベーターが出現し、エレベータホール全体が吹き抜けになった「あっ!」と驚くような設計だ。

無駄を削ぎ落としたような機械的なエレベーターを見上げると、天窓から柔らかい光が差し込んでいた。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)

OISTの建物は、1階、2階……の表示ではなく、1階がGround floorの「G階(LEVEL G)」と表記されている。

2階が「A階(LEVEL A)」、3階が「B階(LEVEL B)」、そして4階が「C階(LEVEL C)」となり、一般解放されているのは、B階(LEVEL B)のレストラン、C階(LEVEL C)の一部分である。

 

朝9:00〜17:00の間、関係者以外立ち入り禁止の区域以外は、自由に学内を見学できる。キャンパスツアー(ガイド付)を事前予約すれば、説明付きでの見学も可能だ。(所要:約1時間)

 

爽快な東シナ海の眺め!B階レストランでランチ

OISTカフェ「Grano@OIST」は、B階の「レストラン」C階の「カフェ」に分かれ、カフェ内の階段で通じている。ここは海を眺める展望が素晴らしくランチもできるカフェ&レストランだ。

B階で降りると、OISTカフェ「Grano@OIST」レストランがあり、営業時間は平日11:30〜15:00、週末10:30〜14:30、祝日10:30〜15:00。平日はビュッフェランチも利用できるらしい。

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)学食とは思えないほど、高台から望む海の景色が爽快すぎる。B階の「レストラン」、C階の「カフェ」ともに大きな窓ガラス越しに東シナ海を望む。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)レストランの入口付近と奥に、リラックスして寛げるソファー席が用意されていた。

 

いつだったかカフェの運営者が変わり、

店舗名とともにメニューやスタイルが大幅にリニューアルされていた。

沖縄科学技術大学院大学(OIST)以前は、パンやサンドイッチをベースにしたランチもあったが、大幅にメニューがリニューアルされていたのだ。

現在は、日替りランチ、日替りパスタ、ヴィーガンカレー、ヴィーガンヌードルなど、野菜とベジタリアンフードをベースにしたヘルシーな食事が多い。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)「Order Here」の看板の先に、券売機を発見した。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)B階のレストランを利用する際は、券売機で食券を購入して「注文口」で係員にチケットを渡す。デジタルの券売機なので、若干戸惑うかもしれないが、「一般」から入っていくと購入できる。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)料理が出来上がると、注文時に渡された呼び出しカードの音が鳴って知らせてくれる。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)この日、日替りランチは「トマト風味のハンバーグランチ」だった。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)レストランの席数は多く、フロアーの奥までびっしりと席が用意されている。

 

Cafe KAITO+ 返却口
食後の食器類は、各自で返却口へと戻しておこう。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)レストラン内から通じる階段でC階へ上がると、スイーツとドリンクを提供する「カフェ」もあり、営業時間は平日8:00〜18:30、週末・祝日は10:00〜15:00。(ご注意:一般開放は、9:00~17:00の自由見学の時間帯のみ)

C階のカフェを利用する際は、最初にレジで注文と支払いを済ませるファストフード形式だ。

 

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)レストランからもカフェからも、窓越しに眺める東シナ海の眺めが最高だ。

食事ならB階のレストランを、スイーツやドリンクなどのカフェタイムならC階のカフェを利用してみよう。

 

沖縄科学技術大学院大学(OIST)のC階マップC階のセンターコート(テラス席と中庭)とスカイウォーク(空中渡り廊下)も自由見学できるので、ぜひ足を運んでほしい。

 

スカイウォーク
カフェと同じ階にスカイウォーク(空中渡り廊下)がある。センター棟とLab2を連絡する天空の通路のようなスカイウォークを歩きながら左右の景色を見渡すと、何だか爽快な気分になってくる。

 

スカイウォーク
敷地の裏側から撮影したスカイウォークだ。

Lab2(研究棟)へと続くスカイウォークは展望も然ることながら芸術作品の一つ。「息をのむほどに美しいスカイウォーク」として記事で紹介されている。

一般人にも開放!爽快な海カフェで学食ランチ、恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学(OIST)セミナー室前にポスターが展示された光景。

 

OIST
緑の芝生を敷き詰めた、開放的なオアシスのセンターコートも散策してみよう。

 

OIST
曲線美が作り出す計算された建築デザインは、どれを取っても洗練された美しさがあり、見るものを圧倒させる芸術そのもの。素晴らしいとしか言いようがない。

 

OIST
屋根を支える柱や排水口の隠し方など、よく観察しながら歩いてみると一つ一つに新しい発見と面白さを感じる。

 

OIST
黄色い壁のオシャレな学生寮の1階には、沖縄のお菓子屋「Jimmy」の売店が入り、珍しい輸入菓子やドリンクが揃う。

 

OIST
サイエンステクノロジーとアートとデザインが融合した沖縄科学技術大学院大学(OIST)。この空間に入り込むと、開放感に満たされて、すこぶる爽快で居心地のいい場所のひとつなのだ。

 

また、ここのオープンキャンパスは只者ではない。一般人が普段入れないLAB(研究棟)が解放され、最先端のIT技術の講義が聞けたり、ロボット体験や過去に巨大シャボン玉も出現した。子供向けの科学体験、デモンストレーション、ワークショップも行われ、小さな子供連れでも楽しめるオープンキャンパス。機会があったら、ぜひ行ってみてほしい。

一般人でも利用できる海カフェの学食で、英語交じりのトークを聞きながら世界中から集まる学生たちに囲まれていると、ここが日本だという感覚を忘れそうになる。

人を惹きつける魅力的な技術とデザインがあちこちに施された恩納村の高台に立つ沖縄科学技術大学院大学で、また違った沖縄の島時間を感じてほしい。

→アクセスマップ

 

沖縄を拠点に活動するフリーライター・みやねえ(@miya_nee3)でした。

それでは、また!!

〚スポンサーリンク〛
二拠点生活フリーライター・みやねえのTwitterはこちらです。 もうひとつのブログ「note」も書いてます。