みやねえのWebuzz!!

二拠点生活フリーライター・編集者 みやねえ

[Web×フリーランス]海外や日本各地で、旅をしながら仕事するノマド的な働き方!#旅ときどき仕事 – 沖縄ラジオVol.7

1123 views
[Web×フリーランス]海外や日本各地で、旅をしながら仕事するノマド的な働き方!#旅ときどき仕事 – 沖縄ラジオVol.7

沖縄でWebライティング講座「みやねえ講座」を開催したり、沖縄と埼玉でデュアルライフ中の沖縄在住フリーライター・みやねえ(@miya_nee3)です。

11月28日(火)は、東京を拠点に「旅、ときどき仕事」を運営する古性のちさん、今井朝美さんをゲストに迎え、国内外を旅しながら仕事するリモートワークの新しい働き方についてトークしました。最初に、ラジオ番組の説明をさせてもらいます。

 

ラジオ番組「みやねえのWebuzz(ウェバズ)!!」とは!?

miya-nee (みやねえ)
Webuzzは、「ウェブズ」ではなく「ウェバズ」と読みます。
❌ ウェブズ
⭕ ウェバズ

SNSで拡散されてネット上で話題になることを「buzz(バズ)」といい、「この記事、バズった」「この投稿、バズってる」なんて私も普段たまに使います。

そこで、Web+buzzをかけ合わせた番組名の「Webuzz(ウェバズ)」。この番組では、毎回Webに関わるゲストをお呼びして、Webで役立つ情報やサービス、Webで話題の小ネタなどをエディット(=編集)していきます。

 

「旅、ときどき仕事」の活動について

旅、ときどき仕事|古性のち 今井朝美旅、ときどき仕事 https://tabitokidoki.jp/

旅をしながら仕事をする。そんな新しい働き方で日本全国や海外を旅する人たちがいます。「旅ライター」との肩書きで、各地を取材しながら執筆するフリーライターもいれば、フリーのデザイナーやディレクターなど職種はさまざま。

パソコンとネット環境さえあれば、場所に捕らわれずにノマド的に仕事ができる。そんなリモートワークを可能にして、旅をしながら働くワークスタイルを提案しているのが、「旅、ときどき仕事」という団体です。

ー「旅、ときどき仕事」のコンセプトとはー
人が自由に場所を行き交うことで、 人・モノ・文化が壁を超えてまざりあう世界をつくりたい。

 

2017年6月、クラウドファンディングのMakuakeを利用して、「旅、ときどき仕事」のコミュニティメンバーを募集。2017年3月開催の沖縄を皮切りに、現在まで国内外の8カ所で「旅、ときどき仕事」の活動を行い、その様子は、Twitterのハッシュタグ #旅ときどき仕事 を追うとチェックできます。

2017年11月、8回目の開催は再び沖縄へ。参加者がブログを書いており、フリーランスの切実な声や「旅、ときどき仕事」の良さがリアルに伝わってきます。

2017年12月1日、東京・原宿のVACANTで「旅、ときどき仕事活動報告会」を開催。コミュニティメンバーとの交流を深めつつ、さらに今後も新たな活動にチャレンジしていくようなので、「旅×働き方」に興味のある人は要チェックです。んー楽しみすぎる。

オーガナイザー古性のちさんのTwitter(@nocci_84)が爽やかエモく、世界の旅写真を楽しめるのでフォローして癒やされてください。「旅、ときどき仕事」の開催をTwitterで告知してるので、そちらも要チェック!

TABIPPOが主催する「BackpackFesta」でトークするみたい。

 

のっちの勢いが、

止・ま・ら・な・い!!!

 

沖縄から応援しています。

 

「旅、ときどき仕事」のコミュニティを作るまで

2017年11月、「旅、ときどき仕事」のメンバーが沖縄に滞在。その活動に絡めて、那覇のOKINAWA Dialog「旅することばと写真展」を開催しました。その時にラジオ出演してもらったんですよね。

トークの一部を紹介します。

「旅、ときどき仕事」は、旅と移住の中間のようなイメージ。国内外の各都市に1週間ほど滞在し、メンバー同士が旅をしながらわりと自由な動きで電源カフェや気に入った場所でノマド的に仕事をするワークスタイルです。基本、航空券を含む交通費と宿泊費は自己負担。自らの仕事を持ち出して、各地で仕事をするスタンスです。

まずは日本の6都市を回ろうと決めて、のっちの「旅することばと写真展」も各地で同時開催したそうです。

オーガナイザーの古性のちさんは、フリーランスになった直後、海外へ1年間旅立ってしまったアクティブな人。

2016年。のっち、Twitterでバズる。

なんと、1万リツート!!

このツイートはテレビでも紹介され、フォロワーが一気に増えたらしいんですよ。テレビの影響力って凄まじい…。

 

今井朝美(ともみ)さんは、ディレクターや編集長など幅広い仕事で活動中。ここ最近では、東京・日暮里のカフェ「TiNiES(タイニーズ)」をプロデュースしました。ともみんこと、今井朝美さんがカフェの運営もしてるので、ぜひ会いに行きましょう。(私も行きたいー)

 

【追記】2018.3.15
ともみんがプロデュース・運営する、東京・日暮里のカフェ「TiNiES(タイニーズ)」に行ってきました。日暮里駅から徒歩10分弱。閑静な住宅街をとぼとぼ歩いていくと、常磐線の線路沿いにカフェがあります。

長閑な癒し空間というか、店前の線路に貨物列車の金太郎が走るわ、ママチャリが並んでいるわ、たまに子供店長が現れるわと、まあ楽しかったです。一度行ったら病みつきになる居心地いいカフェでしたよ。(また行きたいなあー)

🎶 知り合いが運営する日暮里のカフェ「TiNiES(タイニーズ)」に行ってきました。 * ともみん(@tomomi_titi)とは、「旅ときどき仕事」や「みんなの移住計画」のイベントで遭遇し、沖縄でラジオ出演してもらったり(個人ブログ「みやねえのWebuzz!!」にも掲載)、全てが偶然の連続! * 長閑な線路沿いにあるカフェは、貨物列車の金太郎が目の前を走行し、チャイルドシートをつけたママチャリが並ぶ。 * 1階はカウンター席のみ。2階にソファ席、天気のいい日はテラス席もあるそうで、子供たちに占領されてた店内がやけに賑やかだった。各地から取り寄せた食材や調味料、雑貨の世界観がいい感じに素敵だったな。 * こんなカフェが自宅近くにあったら、そりゃ通うわなーと親近感を感じながら、特製のジャークチキン+ブロッコリーカレーを食べて、ほっこりほのぼのしてきましたー☺️✌️ * #tinies #日暮里カフェ #カレー #curry #お酒も飲める #🍻😆

miya-nee(みやねえ)okinawaさん(@miya_nee)がシェアした投稿 –

 

ともみんの場合、各地で活動する人たちとの新しい出会いをキッカケに、お互いの強みを共有し合うことで地方で面白い仕事を作れないかと模索中でもあるらしく、現地の人々やコミュニティのメンバーとの繋がりを大切にしながら、「旅、どきどき仕事」の活動を自分ならではの視点でも捉えているようです。

海外や日本全国に訪れることは、旅を楽しむ以外にも吸収できる視点が膨大にありそうですね。

 

2017年3月から「旅、ときどき仕事」の活動を開始して、なぜクラウドファンディングを活用してコミュニティメンバーを募ったのか。無料でも良かったけれど、自分たちが集めたい層とは違う人たちが集まる可能性もあったため「会員制にしよう!」とクラウドファンディングのMakuakeを利用してプロジェクトを立ち上げました。

クラウドファンディングの企画から公開までに多くの時間を割き、特に文章作成と画像制作は何度も修正し、トータルで100枚ほどの画像を作り、文章作成は30時間強を費やしたそうです。

大勢のアドバイスを受け、時間をかけて立ち上げたプロジェクトは、無事にサクセスしました。そのクラウドファンディングのページがこちらです。

伝わる…伝わる。

十分すぎるくらいに
気持ちが伝わってきます。

海外や日本全国の旅好きフリーランスや学生さんなら、この「旅、ときどき仕事」の活動やノマド的働き方ってやはり気になりますよね?


動画を公開してるので、こちらもご覧ください。

「旅、ときどき仕事」に興味を持った方、のっちこと古性のちさんのTwitter(@nocci_84)、ともみんこと今井朝美さんのTwitter(@Ne3_05)でイベント告知をしてるのでフォローしてみてくださいね。

 

毎週火曜14時から、fm那覇で放送中のラジオ番組「みやねえのWebuzz(ウェバズ)!!」。

各回の内容は、こちらからご覧いただけます。

〚スポンサーリンク〛

この記事を書いたライター

みやねえ(miya-nee)
沖縄を拠点に活動する、二拠点生活フリーライター・編集者。沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」代表。2015年からWebライティング「みやねえ講座」を運営。[職歴]ツアーコンダクター➡HTMLコーダー/Webディレクター➡フリーランス/複数の新規立ち上げメディアに参画➡Webメディア編集長➡ライター講座の講師/二拠点生活フリーライター・編集者(いま)。