OKINAWA GRIT - オキグリWebマガジン

【厳選】ライター初心者に役立つ「SEOライティング」の書籍3選

 2022-05-18
【厳選】ライター初心者に役立つ「SEOライティング」の書籍3選

ここ最近、ライターとして特に需要が高いスキルは、インタビュー力SEOライティングだと感じています。この2つのスキルを身につければ、質の高いライティング案件を受注できるようになります。

なぜならば、どちらも技術と経験が伴うことから、誰にでも執筆できるライティングではないから。特にSEOに関して言えば、SEO専門の大手企業が存在するほど、現在も需要が高いナレッジであり、とても奥が深いんです。

「Googleを制覇する者が、SEOを制する」

と、誰が言ったか言わなかったか。SEOライティングを学ぶには、まず「SEO」とGoogleが密接に影響していることを理解すること。Googleの概念や動向は切り離せず、その上でSEOの知識を学ぶ必要があります。

そもそも「SEO」って何ですか?

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジン最適化のこと。検索エンジン(Search Engine)と言えば、GoogleとYahoo!が有名ですよね。検索エンジンでキーワード検索をしたとき、記事が上位表示されるよう対策する施策のことです。

Yahoo!の検索エンジンは、Googleの検索エンジンを採用しており、検索結果はGoogleとほぼ同じ(正確には一部、レイアウトや検索結果が異なる場合あり)。そこで、Googleの概念や定義に基づいたSEO対策が必要になります。

簡単に対応できるなら、わざわざSEOに時間をかける必要もなく、これが実に難しい…。そこで知識と技術と経験が物を言うわけです。ライター初心者には、なかなか難しい分野になります。

まずは、Googleの検索結果を把握する

最初に、GoogleとYahoo!の検索結果を比較してみてください。例えば、「SEOライティング 書籍」という複合キーワードで検索し、レイアウトの違いを把握しておく。パソコンとスマホ、両方チェックします。

パソコンでGoogle検索すると、上のバーに「画像」「ニュース」「ショッピング」「動画」「もっと見る」「ツール」と表示されています。それぞれをクリックすると、どのようなコンテンツが表示されるかをチェックします。

最新の情報を調べたいなら「ツール」→「期間指定なし」から「1ヶ月」「1年間」を選択すれば、新しくアップデートされた記事だけが表示されます。Google検索については、「Google 裏技」などで調べると詳しい情報がヒットします。

 

<Googleの検索結果から読み取れること>

広告はどこに表示されるか
上位表示されるものは、どのような記事か
・各記事のタイトル比較(キーワード)
記事タイトルは、何文字まで表示されるか
・タイトル下の説明文(ディスクリプション)
アイキャッチ画像のサムネイル
・ページ下に表示される関連キーワード

など、検索結果1ページ目を見ただけでも、いくつか読み取れます。

次に、Googleの概念を理解する

一度は読むべき!と言われているのが、「Google が掲げる10の事実」です。

雑にまとめると、Google先生に検索順位を上げてもらうには、「質の高いコンテンツ」「読者にとって有益なコンテンツ」をつくることが大事だよと。成果を出せるコンテンツをつくれるかは、最終的にそこにかかってますよと。

しかし、漠然とした抽象的な説明だけだと、何をすべきかわかりませんよね。(こちらは後述します)

 

不定期で実施されるGoogleのコアアップデート(アルゴリズム変更)に伴い、大幅に検索順位が変動するジャンルもあり、特に注意が必要なのはYMYL」に関わる記事です。

YMYL(Your Money Your Life)とは、医療、金融商品、法律などのジャンルのこと。生命に関わる医療関連、資金運用に関わる金融商品、社会や生活に関わる法律関連など、これらの記事がフェイクであったら、人命や人々の生活を脅かし兼ねません。

 

もうひとつ、Googleが公表している品質評価ガイドライン(英語版のみ)があります。この中で「E-A-T=専門性、権威性、信頼性」が評価基準として重要視されています。

●Expertise=専門性
●Authoritativeness=権威性
●Trustworthiness=信頼性

WebメディアやWeb記事に対して、これらの評価軸から有益なコンテンツかを判断されるのです。詳しく知りたい方は「Google E-A-T」でググってみてください。

SEOライティングについて

詳しくは書籍を読んでいただくとして、大まかに要点をまとめていきます。

SEO対策のひとつが、「SEOライティング」になります。そのため、ライターが記事を書く=SEOライティングでは、SEO対策できる範囲が限られます。

・執筆前の構成案から担当する
・構成案をもとに執筆する
・WordPressやCMSの入力まで担当

ライターがどこまで担当するかにより、対応できる作業が変わるんですね。キーワード選定や構成案も担当する場合、経験者でさえ、諸々のリサーチを経て構成案が完成します。この作業はライター初心者では難易度が高く、通常は作成済みの構成案をいただき、それをもとに執筆する流れとなります。

 

もともとWebメディアにはテーマがあり、それに沿ったカテゴリを設定しています。どんな記事を掲載するか、どんな記事なら競合メディアより検索順位を挙げられるか。その判断材料として、最初に必要なのがリサーチです。

例えば、メディアのテーマが「ライティングのノウハウ」だとして、カテゴリが「SEOライティング」「セールスライティング」「コピーライティング」だったとします。カテゴリ「SEOライティング」の記事を制作する場合、以下のような大まかな流れになります。

<SEOライティングまでの流れ>

①複合キーワードを洗い出す
「SEOライティング」の複合キーワードをWebツールで洗い出す。(例:ラッコキーワード

②検索ボリュームをリサーチ
Webツールを使い、洗い出した複合キーワードの検索ボリュームをリサーチする。(例:Googleキーワードプランナー

③競合記事をリサーチ
目星をつけた複合キーワードでネット検索し、上位表示されている記事と内容をチェック。

④キーワードをグルーピングする
ある手法に基づいてキーワードをグルーピングする(複雑なので内容は割愛します)。ここで今回の記事に使うキーワードを選定する。

⑤ユーザーの検索意図を探る
選定した複合キーワードで検索するユーザーは、どんな悩みや意図を持って検索しているのかをリサーチ。

⑥記事のテーマ決めと読者のゴール設定
キーワード選定と一連のリサーチを終えて、記事のテーマ(タイトル)や読者に対する記事のゴールを設定する。

⑦構成案を作成(タイトル、見出し)
情報が集まったところで、構成案を作成します。このとき、ペルソナ設定、記事のタイトル、見出しも(大まかに)考えておく。

⑧ライターさんに構成案をお渡し
ここからライターはリサーチと執筆作業に入ります。


大まかにまとめると上記のような流れです。そして、この先がライターさんのお仕事になります。主には「リサーチ」と「ファクトチェック」が大切であり、ここに大半の時間を注ぐことになります。

その上で原稿を書き上げて、構成案に沿った原稿に仕上がっているか。簡潔で読みやすい文章になっているか。最後にきちんと推敲します。個人の知識や経験も追加できるとなおよし。ありきたりでないオリジナル記事を作成できるため、専門知識を持つライターさんは強いのです。

 

個人ブログを書くとか、気軽に記事を書くときは、関連キーワードサジェストキーワードからキーワード選定してもいいと思います。この2つは、よく検索されるキーワードが表示されているんですね。

<構成案から執筆する>

①構成案を読み込む(質問あれば早めに投げる)

②競合の記事を読み込む(10記事くらい)

③必要な情報をリサーチする
情報の出どころが明確なもの(行政の情報、公式発表の資料、専門性が髙い企業・団体の資料など…)このリサーチに最も時間を要します。

④執筆に取りかかる
私の場合、リード文を飛ばして見出し1から執筆に入っていました。SEOライティングは、一部特殊な文章ルールがあります。Aという言葉より、BのほうがGoogleに認識されやすいとか、冗長な文章もSEOとの相性が悪いです。

また、情報量が多いとつい文字数過多になりがち。そこから文字数を削り、読みやすくするのが腕の見せどころです。つまり、SEOライティングは決して「文字単価」で仕事を引き受けないこと。必ず「記事単価」で受注してくださいね。記事のクオリティを上げたら(文字数を削ったら)原稿料が下がってしまった…。そんな理不尽なことが起こらないよう気をつけてください。

そして、WordPressで入稿する場合、Webメディアの仕組みやWeb記事の構成、画像の知識、改行と余白、HTML(hタグ、aタグ、titleタグ、descriptionタグ)など、Webに関する構造を理解しておく必要があります。

 

それでは、ライター初心者に役立つ「SEOライティング」の書籍3冊を紹介します。

Webの基礎から学びたいなら丁寧に解説された書籍を手に取り、Webの知識がある方なら専門用語も含まれた一段上の書籍を選ぶと、SEOの知識もWebの知識もレベルアップできると思います。

【1冊目】漫画だから、初心者でも理解しやすい「沈黙のWebライティング」

【書評】SEOとWebコンテンツの起爆剤!面白超大作の「沈黙のWebライティング」(著者:松尾茂起)

手に取ると本の厚みに驚き、600ページ超えのボリューム。しかし、漫画を用いた説明は理解しやすく、SEOの知識がなくても把握できると思います。スラスラと読み進められ、気づけば読了している。ページ数の多さは気になりません。

2016年当時、面白いストーリーにわかりやすい解説をのせた斬新な公式サイトが、Web業界内でも話題になりました。(サイト公開が先、その後書籍化された)

<書籍の目次>
EPISODE 01:SEOライティングの鼓動
EPISODE 02:解き放たれたUSP
EPISODE 03:リライトと推敲の狭間に
EPISODE 04:愛と論理のオウンドメディア
EPISODE 05:秩序なき引用、失われたオマージュ
EPISODE 06:嵐を呼ぶインタビュー
EPISODE 07:今、すべてを沈黙させる・・・!!
エピローグ:沈黙のその先に

 

目次だけではイメージしづらいけれど、WebやSEOのノウハウだけでなく、記事づくりに関するモラルや価値観まで植えつけてくる書籍です。ここ近年、フェイクニュースが話題になりますよね。偽の情報ですから、それを真に受けて発信するメディアにも責任があります。情報源(ソース元)をしっかり確認したり、どのように調べるか、そういったプロセスも重要になってきました。

ライターとして上まで登り詰めたい人なら、信頼性や権威性を築くことは後々大きな意味を持ちます。しかし、時間に追われて作業をしていると無意識に抜け落ちてしまう、記事づくりに対する熱量や愛情やモラル…。Googleがコアアップデートを実施するたびに神経をすり減らさないために、質の高いコンテンツを作り込むことは、とても重要です。

<ポイントを要約>
Googleのアルゴリズムを理解する(第1話)
・独自の強み考え尽くすブランディング|第2話)
・人に伝わる文章を書こう文章術|第3話)
・美意識あるWebライティングメディア運営(第4話)
・愛ある記事づくりと引用のペナルティ(第5話)
・インタビューについて(第6話)

ハードボイルドなサスペンスストーリーが非常に面白く、書籍を読み終わる頃には「WordPressでブログつくろうかな」なんて思うことでしょう。根本的に大事な下地となる要素が網羅されたWebライティングとSEOの指南書です。初心者でも楽しく学べるため、特にデジタルが苦手!と思い込んでる方にこそ、手にとってもらいたい書籍です。

 

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

詳しくは書評で紹介しています。

【2冊目】一連のWeb基礎!「SEOに強いWebライティング」売れる書き方の成功法則64

ほんの一部だけ、古い情報があるものの、Web初心者でもわかりやすいSEOライティング初級編の書籍です。HTMLのこと、CMS入力時に必要なWeb知識も含まれますが、ライター初心者が理解しやすい範囲にとどまっていると思います。

2016年8月発刊のため、年々アップデートされていくGoogleに関する情報は、少し古い印象があります。しかし、ほんの一部だけなので、さほど気にならなかったです。

<書籍の目次>
1. SEOに強い!Webライティングの基礎知識
2. 集客力のあるWebサイト構築 – キーワード選定とコンテンツ企画
3. コンテンツマーケティング時代の文章術 – ロジカルライティング
4. 一瞬で引き付ける!キャッチコピーライティング
5. 成約率を上げるための売れる文章術 – エモーショナルライティング

 

各章から小見出しに分かれ、情報が細かくまとまっています。例えば、第3章「文章術」では、このような目次が掲載されています。前半の一部を挙げてみますね。

16 1ベージ=1 キーワードで書く
17 タイトルタグとディスクリプションタグ
18 見出しタグ(h1〜h6)の書き方
19 「総論・各論・ 結論」でロジカルに書く
20 バラグラフライティング
21 「主題文、支持文、終結文」バラグラフ
22 「ユーザーに役立つかどうか」が大事
23 ー文一義のルールで書く
24 主語と述語の便い方
25 修飾語と被修飾語の関係
26 箇条書きで、右脳と左脳で理解させる
27 箇条書きの項目数
28 インバクトのある文章を書く
29「普通名詞」や「固有名詞」説得力のある文
30「会話」や「お客様の声」臨場感を出す

  ↓

41 校正する – なぜ校正が重要なのか

この目次を読んだだけでも、興味を抱きませんか。逆に難しそうだな〜!と感じた方でもご安心を。この書籍はWeb初心者にも理解しやすい解説をされています。

SEOライティング、Webサイトの構造、文章術、コピーライティング、売れる文章術まで。この5つの知識を理解できると、競合多数のWebライターから一歩抜け出し、そのナレッジやスキルを生かしたWebに強いライターとして仕事をこなしていけるでしょう。但し、書籍を読んで知識をインプットしたら、必ずアウトプット。すぐに実践してくださいね。

書籍の最後に、目的が異なる3タイプの文章術を紹介しています。

1. ロジカルライティング
2. エモーショナルライティング「AIDCASの法則」で書く
3.エモーショナルライティング「PASONAの法則で書く」


広く知識を積み上げたい。文章術にも触れたいし、Web記事やサイトの構造も理解したい。Webに強いライターになりたい方は、SEOライティングの書籍を読んでみてください。その後は案件を受注するか、仕事でなくても練習を兼ねてブログやnoteで書いてみる。インプットのあとは、必ずアウトプット!このセットを繰り返すだけで成長できます。

なぜなら、ほとんどの人が「実践練習」や「アウトプット」をしないから。楽しく学んで、きちんとアウトプットする。継続は力なり!ですね。

 

「SEOに強いWebライティング」売れる書き方の成功法則64

 

【3冊目】中級編!これからのSEO「Webライティング本格講座」

多少なりともメディアの知識やノウハウがあるなら、理解できる中級編。専門用語も飛び交うため、初心者には少し難しく感じると思います。ブログを始めようと考えている方にもお勧めしたいSEOライティングの書籍です。

一般的な商業ライターであれば、原稿を入稿するまでが作業です。本書に掲載された<title設定><description設定>など、WordPressの入力まで担当しなければ、実践する機会がないノウハウです。実際に使わないと知識はそのうち薄れていきますよね。

そこでライター初心者というよりは、レベルアップを図りたい半年以上のライター経験を持つ人、WordPressでの入稿にチャレンジしたい人、Webに強い人に向くWeb知識多めなSEOライティングの書籍になります。

 

<書籍の目次>
第1章 これからのSEOには、新しいWebライティング手法が求められている

第2章 ユーザーとロボットを意識して、Webサイトのテーマを決定する

第3章 ユーザーとロボットの両方を考慮したWebライティングの基礎を築く

第4章 重要キーワードを適切な位置に配置し、最大限、ロボットにアピールする

第5章 ユーザーとロボット両方の観点から文章全体を調整・改善する

Appendix 最適な外部対策の構築 ~衛星(サテライト)サイトの構築について~


第1章は前提条件の入口として読んでみてください。

第2章はユーザの検索意図を可視化するノウハウ、キーワードや共起語の選定について。Web記事やWebメディアは、Googleと密接な関係にあり、Googleの動向に影響を受けます。この一連の仕組みを知ることがSEOの基礎につながり、SEOライティングの土台となります。どのようにGoogleのロボットと関連付けられているか。SEOライティングの面白さを体験してみてください。

但し、漠然としか理解できない状態で読みすすめると、頭の中に「???」がいっぱい。理解するのがどんどん難しくなります。コツコツと時間をかけて理解するか、最初は初級編の書籍を買うか。どちらかが良さそうです。

 

第3章「SEOライティングの知識」では、head、body、タグの解説があり、個人ブログの運営やCMSで入力する際に必要なHTMLの基礎知識です。Wordやテキストエディタで原稿を提出するだけであれば、作業としては触れない部分。「3-3」から重要な説明が始まり、文章の構成についても語られています。

第4章は、WordPressやCMSで入稿する際に必要な知識です。title要素、description要素、hタグの構造と説明。「4-5」から文章作成に関する解説が始まります。第5章では、文章構成や推敲のポイントとして、文章作成に関わる具体的かつ細かい解説へ。

 

デジタルツールを使うのが得意な方、Webに興味を持ち調べている方、Webの基礎知識がある方に向いている一段レベルアップしたSEOライティングの書籍だと思います。

 

Webの仕組みを理解している方であれば、すんなりインプットできる知識です。実はデジタル弱いんです…!という方であれば、じっくり書籍と向き合っていくか、SEOライティングの書籍を読む前に、純粋にライター初心者向け「文章術の本」から読むと良さそうですよ。

(後日、文章術に役立つ書籍まとめを公開しますね〜!)

本を読んでいて面白く感じたなら「SEOライティング」に向いています。コツコツ地道に理解を深めていき、ゆくゆくは「Webコンテンツをつくること」や「ブログを運営すること」にハマるかもしれませんね。WebもSEOも奥が深いですが、知れば知るほど面白く感じる世界でもあります。

✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈


沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT(オキグリ)」では、沖縄の取材・撮影・インタビュー、PR記事やランディングページ(LP)など、紙とWebを問わずにコンテンツ制作全般を承っております。お気軽にご相談ください。