みやねえのWebuzz!!

二拠点生活フリーライター・編集者 みやねえ

【保存版】沖縄本島南部・那覇市の電源カフェ特集!沖縄在住フリーランスが厳選した便利なコワーキングやカフェ(フリーWi-fiあり)

 2019-06-16
【保存版】沖縄本島南部・那覇市の電源カフェ特集!沖縄在住フリーランスが厳選した便利なコワーキングやカフェ(フリーWi-fiあり)

那覇空港の所在地でもある那覇市は、沖縄県内で最も人口が多い街。沖縄の官庁街が集中するビジネスの拠点となり、沖縄都市モノレールを利用して移動できる快適さが格別です。沖縄の観光スポットとして名高い世界遺産の首里城公園や観光客で賑わう国際通りでは、古い町並みの路地裏散策も楽しめます。

ここ数年間で、フリーランスやノマドワーカーに便利な電源カフェの多さが際立ってきました。もうもうもうもう…フリーランスにとっては、ありがたいことですね。だからこそ、満席時の長時間利用を避けるなど、カフェやお客様への配慮は必要だと思っています。

 

沖縄を拠点に活動する二拠点生活フリーライター・編集者みやねえ(@miya_nee3)です。2019年1月、沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT(略して、オキグリ)」を立ち上げました。

フリーランスなライターが実際に利用してみた結果、「使い勝手の良さ。居心地がいい。食事がおいしい。立地良し!」などを考慮した上で絞り込んだ那覇市内の電源カフェを紹介します。

 

 

那覇市内の電源カフェ!地域別に紹介します

私は普段、車で移動をするため、「駐車場完備」だととても助かります。那覇の街中ですと有料のコインパーキングを利用する場合が多く、駐車場完備の電源カフェは貴重な存在だということです。また、フリーランスだと自由な時間帯で動けるよう「朝から営業」「夜遅くまで営業」する電源カフェは非常に重宝しています。

そんな視点も含めて、那覇市内を4つの地域にわけて紹介していきます。

1. 那覇空港内
2. 国際通り周辺
3. 那覇新都心
4. その他の地域

沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市内の電源カフェ特集。さっそくいってみましょう!

 

1. スナックコート by フウゲツ(那覇空港)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)那覇空港2階の中央にあるスナックコート by フウゲツ。フードコートのようなラフさが良さげです。

入り口にパンコーナーを設け、最初にでメニューを注文後、レジでお会計をします。前払い制ですから、退出時は食器を返却口に戻すだけ。同じ階に、那覇空港の出発口があるため、搭乗口への近さから心の余裕が生まれます。

30分間だけ充電したい。サクッと食事をしながら軽くパソコン作業をしたいときにも便利です。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)窓側席、ソファ席、中央のカウンター席…と人数に合わせて席を選べます。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)電源席は中央のカウンターテーブルのみ。満席になることはなく、回転が早いです。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 低コストで利用できる
  • 短時間の利用に便利
  • 注文後の待ち時間が少ない
  • 席の間隔が広め
  • 吹き抜けで店内が明るい

 

店内の設備

  • Wi-Fi:那覇空港のFree Fi-Wiあり
  • 電源:中央のカウンターテーブル
  • 食事:パン、軽食、沖縄そば、定食など→メニュー表はこちら
  • ドリンク:ソフトドリンク、アルコールもあり
  • 利用料:飲食代

2018年10月、3階出発ロビーJAL側に「TULLY’S COFFEE(営業時間:7:30~20:00)」がオープンしました。JAL便を利用する方であれば、出発口まで近くて便利です。まだ利用したことがないため、詳細は追って追記していきます。

スナックコート by フウゲツ
那覇空港内、2階中央
098-857-7066
7:00~20:30
定休日:年中無休

2. スターバックスコーヒー 那覇国際通り牧志店(国際通り)

スターバックスコーヒーは、那覇市内に5店舗あります。

1. 観光客が多い国際通りのスターバックスコーヒー 那覇国際通り牧志店那覇
2. 地元客が多い那覇新都心のスターバックスコーヒー メインプレイス店
3. 駐車場が満席なことが多いスターバックスコーヒー 沖縄真嘉比店
4. 小禄駅前のスターバックスコーヒー イオン那覇ショッピングセンター店
5. レジカウンターのみ、座席なしの那覇空港国内線ゲート内店

国際通りのスタバは、いつ訪れても非常に混雑してます。しかし、観光客が多いためか、わりと回転が早いです。メインプレイスのスタバは、特に週末は混雑して満席状態。車移動なら沖縄真嘉比店が便利なのですが、平日の昼間、駐車場が満車状態になっていることも。逆に夜は空いているかもしれません。

上記の3店舗は混雑していることが多く、沖縄でもスタバ人気が炸裂してますね…。

 

店内の様子

那覇空港店以外は、各店舗ともにテラス席あり。国際通りのスタバは、レジから左奥の窓際カウンター席が静かで穴場な電源席です。那覇メインプレイスのスタバは、レジ奥に勉強や作業しやすいカウンター席があり、真嘉比店は全体的にゆったりと席を配置しています。

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:at_STARBUCKS_Wi2 からログイン
  • 食事:サンド系
  • ドリンク:280円(ドリップコーヒー)〜
  • 利用料:飲食代

 

スターバックスコーヒー那覇国際通り牧志店
那覇市牧志2-1-1 プランタビル1F
098-862-8026
7:30〜24:00
定休日:無休

3. オハコルテベーカリー(旭橋駅)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)沖縄都市モノレール旭橋駅や那覇バスターミナルからほど近いオハコルテベーカリーは、朝7時30分からオープンするモーニングが食べられるカフェ。沖縄のフルーツタルト専門店「oHacorte(オハコルテ)」のベーカリーとしてチューイチョーク株式会社が運営しています。

店内にベーカリーを設けて、焼き立てのパンを販売。パンをカフェでイートインでき、ドリンクをお一人様1杯注文するのが条件となります。

12時からランチメニューを提供し、時間帯に関係なく注文できるフレンチトーストが超絶おいしく、その数は全5種類。

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)スイーツ系ならレモン1個分をぎゅっと上から絞る「おおうえ農園のレモンとシュガーのフレンチトースト」がお勧め。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)ミール系ならば、「チリビーンズとハーブソーセージのフレンチトースト」が捨てがたく。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)アメリカンブレックファースト!的に食べるなら「エッグアンドベーコン ピパーチの香り」のフレンチトースト。塩ホイップをつけて食べると、おーいしーい!!!ってなります。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)こちらが打合せや大人数向きの広いソファ席。オープンキッチン近くの4名掛けテ−ブルが居心地がよく、売店横の2〜4名掛けテーブルの3タイプに別れます。PC作業をするなら、オープンキッチン近くの広い席が良さそう。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)レンガの壁や木のテーブルに心を和まされ、居心地よく落ち着く店内。トイレの壁は遊び心のある黒板です。

週末は朝から混雑が予想され、満席状態でなければ、3〜4時間ほど作業に没頭できますよ。個人的には今、ダントツに好みな那覇の電源カフェです。近隣のコインパーキングを利用するため、長時間利用するならば「最大○円!」と表示された駐車場を利用しましょう。または、沖縄都市モノレールの利用をお勧めします。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 朝7時30分からオープン
  • パンを購入してイートイン可能(要ドリンク注文)
  • フレンチトースト最高!
  • 席の間隔広め、打合せも快適に
  • 近隣のコインパーキング利用

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:あり
  • 食事:フレンチトースト、洋食、スイーツなど
  • ドリンク:コーヒー、ソフトドリンク、アルコール
  • 利用料:飲食代

 

オハコルテベーカリー
那覇市泉崎1-4−10
098-869-1830
7:30~20:00
定休日:不定休

以前、私が執筆・撮影した記事を貼っておきます。

5. T’s style Coffee那覇新都心店

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)沖縄都市モノレール「おもろまち駅」から徒歩5分。TSUTAYA那覇新都心店に併設された「SUBWAY那覇新都心店」と「T’s style Coffee那覇新都心店」の飲食スペースに電源席が設置されています。

店ごとにオープン時間が異なるため、ご注意ください。

「SUBWAY那覇新都心店」が朝7時オープン。「T’s style Coffee那覇新都心店」は朝8時オープン。TSUTAYA那覇新都心店は、朝9時オープンです。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)SUBWAYのモーニングメニューが朝10:30まで利用でき、ハーフサンドにドリンク付きで320円〜。TSUTAYAがオープンする9時以降は、店内で販売する書籍や雑誌を席に持ち込み読むことができます(1度に1冊まで)。

敷地内にある有料コインパーキングは、何も購入せずともTSUTAYAのカウンターで駐車券を提示すると、平日なら120分、土日祝でも90分だけ駐車料金が無料になります。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)中央のカウンター席と窓際席に電源あり。実際に使ってみると、席の間隔が広く落ち着いた雰囲気で作業しやすく、静かに集中できる環境でした。

ソファ席に電源はありませんが、ゆったり過ごしたいなら断然にソファ席ですね。テラス席もあります。サクッとPC作業をしたり、書籍で調べ物をする際に便利な電源カフェです。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 朝8時オープン、23時まで営業
  • 平日2時間まで駐車料金が無料
  • ツタヤの書籍や雑誌を読める
  • 席数多くはないが席の間隔が広い
  • 電源はカウンター席のみ

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:一部の席にあり
  • 食事:洋食、タコライス、スイーツなど
  • ドリンク:コーヒー、ソフトドリンク
  • 利用料:テキスト

 

T’s style Coffee那覇新都心店
那覇市おもろまち4-2-8 TSUTAYA新都心店内
098-861-3788
8:00~23:00
定休日:年中無休

 

6. SAKURA CAFE(那覇新都心)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)沖縄都市モノレール「おもろまち駅」から徒歩5分。リブレガーデンホテル1階にある「SAKURA CAFE」は、朝7時からオープン。ホテルの駐車場を無料で利用できます。

個人的には、「朝から営業、駐車場あり、店内の開放感とおいしいランチ…」と好感度全開のカフェです。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)11時〜15時がランチタイム。ヘルシーな和食や自家製パンのランチ、オリジナルのカレーなど。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)ランチはドリンクとデザート付き。食後に持ってきてくれます。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)店内を広々と使い、中央にカウンターテーブルを配置。壁際の2名席のテーブルをくっつければ、4名掛けや6名掛けも作れます。

 

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)明るい木の色合いとスッキリした空間レイアウトは、気持ちがいいほど爽快で居心地が抜群にいいですね。ついつい長居しそうになるSAKURA CAFEでした。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 好感度全開のスタイリッシュな店内
  • 電源席は2テーブルのみ
  • 和食やパンセットのヘルシーな食事
  • ホテルの駐車場を無料で利用可能
  • 朝7時オープン、18時まで営業

 

店内の設備

  • Wi-Fi:あり
  • 電源:2テーブルのみ
  • 食事:パン、定食ランチ、カレー
  • ドリンク:ソフトドリンク、アルコールあり
  • 利用料:飲食代

 

SAKURA CAFE
那覇市おもろまち4-17-27 リブレガーデンホテル1F
098-868-3569
7:00~18:00
定休日:日曜日

 

那覇の電源カフェ情報は、次のページへ続きます。

 

【申込み受付中!】2019年6月15日(土)より、沖縄でWebライティング「#みやねえ講座」を開催します。

〚スポンサーリンク〛

この記事を書いたライター

みやねえ(miya-nee)
沖縄を拠点に活動する、二拠点生活フリーライター・編集者。Webメディアの運営など。沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」代表。2015年からWebライティング「みやねえ講座」を運営。[職歴]ツアーコンダクター➡HTMLコーダー/Webディレクター➡フリーランス➡フリーライター/複数の新規立ち上げメディアに参画➡Webメディア編集長/ライター講座の講師など。