OKINAWA GRIT - オキグリWebマガジン

沖縄の電源カフェ特集!那覇市で勉強できる快適なカフェを沖縄在住ライターが厳選(フリーWi-fiあり)

 2022-10-19
沖縄の電源カフェ特集!那覇市で勉強できる快適なカフェを沖縄在住ライターが厳選(フリーWi-fiあり)

ここ数年、沖縄にも電源カフェが増えてきました。特に那覇市内に、もうもうもうもう…フリーランスやノマドワーカーにとって、ありがたいことですね。だからこそ、満席時の長時間利用を避ける。といった配慮は必要だと思っています。

那覇空港の所在地でもある那覇市は、沖縄県内で最も人口が多い街。沖縄の官庁街が集中するビジネスの拠点となり、沖縄都市モノレールを利用して移動できる快適さが格別です。沖縄の観光スポットとして名高い世界遺産の首里城公園や観光客で賑わう国際通りでは、古い町並みの路地裏散策も楽しめます。

 

沖縄を拠点に活動するライター・編集者みやねえ( @miya_nee )です。2019年9月、沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT(略して、オキグリ)」を立ち上げました。そんな地元ノマドライターが実際に利用して「使い勝手の良さ」「居心地の良さ」「食事がおいしい」「立地良し!」などを考慮した上で絞り込んだ那覇市内の電源カフェ&ノマドワークできるスポットを紹介します。

 

■ こちらの記事も読まれてます

 

※一部、営業時間を変更している店舗があります。公式サイトやSNSで最新情報をご確認ください。

那覇市内の電源カフェ!地域別に紹介します

普段は車で移動するため、「駐車場完備」だととても助かります。那覇の街中ですと、有料のコインパーキングを利用することが多く、駐車場完備の電源カフェは貴重な存在です。フリーランスだと自由な時間帯で動ける「朝から営業」「夜遅くまで営業」する電源カフェも非常に重宝しています。

そんな視点も含めて、那覇市内を4つの地域にわけて紹介していきます。

1. 那覇空港内
2. 国際通り周辺
3. 那覇新都心
4. その他の地域

沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市内の電源カフェ特集。さっそくいってみましょう。

1. スナックコート by フウゲツ(那覇空港)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)那覇空港2階の中央にあるスナックコート by フウゲツ。フードコートのようなラフさが良さげです。

入り口にパンコーナーを設け、最初にメニューを注文後、レジでお会計を済ませます。前払い制ですから、退出時は食器を返却口に戻すだけ。同じ階に、那覇空港の出発口があるため、搭乗口への近さから心の余裕が生まれます。

30分間だけ充電したい。サクッと食事をしながら軽くパソコン作業をしたいときにも便利です。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)窓側席、ソファ席、中央のカウンター席…と人数に合わせて席を選べます。

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)電源席は中央のカウンターテーブルのみ。満席になることはなく、回転が早いですね。

 

電源カフェの特徴まとめ

■ 低コストで利用できる
■ 短時間の利用に便利
■ 注文後の待ち時間が少ない
■ 席の間隔が広め
■ 席の間隔が広め

店内の設備

Wi-Fi那覇空港のFree Fi-Wiあり
電源中央のカウンターテーブル
食事メニュー
ドリンクアルコールもあり
利用料飲食代のみ

 

スナックコート by フウゲツ
那覇空港内、2階中央
098-857-7066
7:00~20:30
定休日:年中無休

2. TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)那覇空港店

タリーズコーヒー那覇空港店2018年10月、那覇空港国内線ターミナル3階出発ロビーJAL側に「TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)那覇空港店」がオープンしました。早めに那覇空港に到着して、各航空会社でチェックインや荷物預けた後、時間に余裕があるとき、サクッと快適に利用できるコーヒーショップ。JAL便を利用するなら、2階の出発口まで近くて便利です。

タリーズコーヒー那覇空港店食事は、主にパスタとサンド系。ドリンク類はもちろん、焼き菓子やスイーツも販売しています。

 

店内の様子

タリーズコーヒー那覇空港店空港ならではの開放的な雰囲気がみなぎり、明るい店内に清潔感が漂います。3名以上なら奥のソファ席、お一人様向きカウンター席など、席の間隔が広めだから居心地がいいのです。壁側にコンセントが用意されているため、真ん中の3テーブル以外で電源を利用できます。

タリーズコーヒー那覇空港店

 

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源中央テーブル以外、壁際席で使用
食事フードメニュー
ドリンクドリンクメニュー
利用料飲食代

 

タリーズコーヒー那覇空港店
那覇空港内、3階JAL側
050-3733-5557
営業時間:7:30~20:00(L.O.19:30)
定休日:無休
https://airport-trading.com/tullys/

3. カードラウンジ「ラウンジ華」(那覇空港駅)

[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華

入り口の受付でゴールドカード当日の搭乗券を提示すれば、無料で利用できるクレジットカードラウンジです(一部対象外のカードあり)。利用日に那覇空港から出発する、または到着した方しか利用できません。

那覇空港国内線ターミナル1階の到着ロビーにあるため、那覇空港到着時はとても便利です。20時まで利用できるて、わりと空いています。(さほど広くはないです)

[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華

出発前に「ラウンジ華」を利用する際は、飛行機に乗り遅れないよう早めに移動しましょう。特に高校生の修学旅行とかち合うと、手荷物検査場が大行列!なんてこともあるからです。

ラウンジ内は航空会社のアナウンスが入りません。搭乗案内パネルで定刻出発かを確認したり、スマホのアラームをセットして、時間を確認しながら利用してください。

[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華

ソフトドリンクはセルフサービスです。そして、ここは沖縄の那覇空港ですからマンゴー、グアバ、シークヮーサージュースも無料で飲めます。一般の方は、1,320円(時間無制限)にて利用可能です。

 

店内の様子

[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華

スペースがいくつか分割されて、ソファ席が並ぶ広いスペースとカウンター席。デスク型のひとり用テーブルも用意されています。

[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華
[那覇の電源カフェ]那覇空港のラウンジ華

ソファ席でもコンセントを利用できますが、パソコンを広げるなら膝の上に置くため、少し不便です。集中して作業するならカウンター席が便利でしょう。

 

カフェの特徴まとめ

■ 朝8時から利用でき、夜は20時まで
■ ソフトドリンクが無料サービス
■ ゴールドカードと搭乗券の提示で無料
■ 出発時はアナウンスが入らない。時間に要注意!
■ 那覇空港到着時も利用できる

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源あり(たくさん)
食事なし
ドリンクアルコールは有料
利用料ゴールドカードと搭乗券の提示で無料

 

■ ラウンジ華
那覇空港国内線ターミナル 1階到着ロビー
098-840-1727
8:00~20:00
定休日:なし
https://www.naha-airport.co.jp/service/pay_area/lounge_hana/

4. スターバックスコーヒー 那覇国際通り牧志店(国際通り)

Starbucks-Coffee-Japan 【保存版】那覇市の電源カフェ特集!沖縄在住フリーランスが厳選した勉強できる快適なカフェ(フリーWi-fiあり)スターバックスコーヒーは、那覇市内に5店舗あります。

1. 観光客が多い国際通りの那覇国際通り牧志店那覇
2. 地元客が多い那覇新都心のメインプレイス店
3. 駐車場が満席なことが多い沖縄真嘉比店
4. 小禄駅前のイオン那覇ショッピングセンター店
5. レジカウンターのみ、座席なしの那覇空港国内線ゲート内店

国際通りのスタバは、いつ訪れても混雑。しかし、観光客が多いためか、回転が早いです。メインプレイスのスタバは、週末が混雑して満席状態。車移動なら沖縄真嘉比店が便利ですが、平日昼間は駐車場が満車状態になることもあり、夜のほうが空いてるかもしれませんね。

この3店舗は混雑することが多く、沖縄でもスタバ人気が炸裂してますよ。

 

店内の様子

那覇空港店以外は、各店舗ともテラス席あり。国際通りのスタバは、レジから左奥の窓際カウンター席が静かで穴場な電源席です。那覇メインプレイスのスタバは、レジの右奥に勉強できるカウンター席あり。真嘉比店は全体的にゆったりと席を配置しています。

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源at_STARBUCKS_Wi2 からログイン
食事フードメニュー
ドリンクドリンクメニュー
利用料飲食代

 

スターバックスコーヒー那覇国際通り牧志店
那覇市牧志2-1-1 プランタビル1F
098-862-8026
7:30〜24:00
定休日:無休
駐車場:なし
https://store.starbucks.co.jp/detail-381/

5. デパートりうぼう2階、居心地のいい樂園カフェ(県庁前駅)

沖縄の電源カフェ/樂園カフェ県庁前駅から徒歩30秒で連絡する「樂園カフェ」は、沖縄で唯一のデパート「りうぼう」2階にあります。お昼時でもさほど混雑しておらず、パソコン作業をする場所として環境が整う居心地のいいカフェです。

沖縄の電源カフェ|樂園カフェ(那覇市)
沖縄の電源カフェ|樂園カフェ(那覇市)

7種のスパイスの樂園カレーとベジタコボウル。期間限定メニューも登場します。スイーツ系ならパンケーキやパフェ、ドリンクならソーダやスムージが人気です。 

 

店内の様子

沖縄の電源カフェ/樂園カフェ窓側席と壁際席にコンセントが設置され、中央にはドドーンと大きなテーブルが置かれて、席の間隔がわりと広く、パーソナルスペースが確保されてるような安堵感。県産の食材を中心にヴィーガン料理も提供している、優しい雰囲気を放っているカフェですね。

 

電源カフェの特徴まとめ

■ 朝活ができる!朝8時からオープン
■ 県庁前駅から連絡している立地の良さ
■ 明るくて広々とした空間が居心地いい
■ お昼時でもさほど混雑せず、静かな店内
■ 体に優しいお食事とドリンク

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源窓際席と壁際席
食事彩り豊かな体に優しいお食事
ドリンクソーダやスムージーもあり
利用料飲食代

 

樂園カフェ
那覇市久茂地1-1-1 デパートリウボウ 2F
098-867-1171(代表)
8:00〜20:00
定休日:なし、元旦
駐車場:なし
https://www.resort-dept.okinawa/cafe/

6. トックリキワタ喫茶店(美栄橋駅)

[那覇の電源カフェ]トックリキワタ喫茶店

那覇の国際通りから一本裏道に入ったパラダイス通り沿いに、小さなコーヒーショップ「トックリキワタ喫茶店」があります。流れる音楽や木造りの佇まいもあいまって、のどかさが漂うほのぼのした店内。ふたりのおじさんが出迎えてくれます。

[那覇の電源カフェ]トックリキワタ喫茶店

まず、珈琲豆を選び、コーヒーの抽出方法を決めます。抽出方法はフレンチプレス、ハンドドリップ、エアロプレスの3種類。豆選びや抽出方法に迷っても教えてくれますよ。珈琲以外にハーブティやワインもあり、「ここでのんびり読書をしていたい」そんな思いにかられるほど、のどかな島時間を過ごせます。

 

店内の様子

[那覇の電源カフェ]トックリキワタ喫茶店

コンセントは入口付近と奥の壁に設置され、お一人様でも利用しやすく、少人数でのんびり訪れたいコーヒーショップ。

駐車場がないため、国際通りの散策がてら、もしくはこの店を目的にわざわざ行く。そんなお客様が多いようです。満席でもあまり気にならない席の間隔と静かな店内は、電源カフェマニアの私から言わせてもらうと、居心地最高でしたね。

[那覇の電源カフェ]トックリキワタ喫茶店

 

カフェの特徴まとめ

■ 席数少なめ、満席時あり
■ ほのぼのした店内で長閑に過ごせる
■ 手作り焼き菓子とこだわりのコーヒー
■ ブランチセットが人気(売り切れ次第で終了)
■ 珈琲豆から抽出方法まで選べる

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源一部の席で利用可能
食事フードメニュー
ドリンクドリンクメニュー
利用料飲食代

 

トックリキワタ喫茶店
沖縄県那覇市牧志1-2-11
098-869-0200
11:00〜18:00
定休日:水曜日、木曜日(臨時休業あり)
駐車場:なし
https://tokkurikiwata.coffee/

7. T’s style Coffee那覇新都心店(おもろまち駅)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)沖縄都市モノレール「おもろまち駅」から徒歩5分。TSUTAYA那覇新都心店に併設された「SUBWAY那覇新都心店」と「T’s style Coffee那覇新都心店」の飲食スペースに電源席が設置されています。

店ごとにオープン時間が異なるため、ご注意ください。

「SUBWAY那覇新都心店」が朝7時オープン。「T’s style Coffee那覇新都心店」は朝8時オープン。TSUTAYA那覇新都心店1階も、朝8時オープンです。

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)SUBWAYのモーニングメニューが朝10:30まで。(ハーフサンド+ドリンク付き320円〜)

敷地内にある有料コインパーキングは、何も購入せずとも、TSUTAYAのカウンターで駐車券を提示すると、平日なら120分(土日祝は90分)だけ駐車料金が無料になります。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)中央と窓際カウンター席に電源あり。実際に使ってみると、席の間隔が広くて落ち着いた雰囲気。ソファ席には電源がありませんが、ゆったり過ごしたいなら断然にソファ席ですね。

サクッとPC作業をしたり、静かに読書をしたり、勉強してる学生さんもいて、TSUTAYAの書籍で調べ物をする際にも便利な電源カフェです。テラス席もありますよ。

 

電源カフェの特徴まとめ

■ 朝8時オープン、23時まで営業
■ 平日2時間まで駐車料金が無料
■ ツタヤの書籍や雑誌を読める
■ 席数多くはないが席の間隔が広い
■ 電源はカウンター席のみ

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源一部の席にあり
食事洋食、タコライス、スイーツなど
ドリンクコーヒー、ソフトドリンク( ドリンクメニュー
利用料テキスト

 

T’s style Coffee那覇新都心店
那覇市おもろまち4-2-8 TSUTAYA新都心店内
098-861-3788
8:00~23:00
定休日:年中無休
駐車場:あり(1時間まで無料、それ以降は有料)
https://tsstylecoffee.jp/

8. Cafe ONE OR EIGHT(那覇新都心)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)沖縄県内の電源カフェでは古株に相当する、那覇新都心の「ONE OR EIGHT(ワンオアエイト)」。店名は一か八かを意味します。未だにその人気は衰えず、平日でも2階席まで埋まっている状態です。

人気の理由は、朝7時からオープンすることと広い駐車場を完備しているから。モーニングの時間帯にドリンクを注文すると、トースト・サラダ・ヨーグルト・ホットコーヒーの無料サービスあり(10時終了)。2杯目のドリンクが半額になるため、少しばかり長居したいときにはお得です。

電源席は、1階の窓際や壁側のカウンター席と2階席の一部です。席の間隔が狭いため、話の内容が周囲に筒抜けになってしまいそう。そのため、社外秘や重要な話をする打合せには不向きな気がしています。

 

店内の様子

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)1階のフロアーは少しだけ賑やか。だから会話しても大丈夫です。3〜4名ならば、入り口付近のソファ席へ(電源なし)。

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!那覇市の便利な電源カフェ特集(Free Wi-Fiあり)2階は3カ所のスペースにわかれ、もの凄い集中力を発揮して勉強する人たちが静かに利用しています。2階席での会話は難しそうですね。

 

電源カフェの特徴まとめ

■ 朝7時オープン、22時まで営業
■ 2杯目のドリンクが半額
■ モーニングの時間帯は軽食サービス
■ フロアが広くて席数多いけど混雑
■ 広い駐車場を完備

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源一部の席にあり
食事洋食
ドリンクコーヒー、ソフトドリンク
利用料飲食代

 

Cafe ONE OR EIGHT
那覇市おもろまち3-6-14
098-862-8288
7:00~22:00
定休日:第2火曜日
駐車場:あり
http://www.1or8.jp/

9. 泊港の近く、ホテルアンテルーム那覇のラウンジ「ANTEROOM MEALS」(那覇市前島)

沖縄の電源カフェ|ANTEROOM MEALS(ホテルアンテルーム那覇)

こんな場所にホテルが!? 泊大橋を下から臨む景観に圧倒され、驚きの歓声から始まる。ホテルアンテルーム那覇の2階、電源を利用できる「ANTEROOM MEALS(アンテルームミール)」のラウンジがあります。奥には食事を提供するレストラン、その手前が軽食やドリンクを提供するラウンジです。

沖縄の電源カフェ|ANTEROOM MEALS(ホテルアンテルーム那覇)

ここは、ホテルやまちづくりを手掛けるUDSが運営するホテル。北海道、東京、京都、沖縄などで「UDS HOTELS」として展開しています。沖縄でいうと、UDSさんが設計するホテルはデザイン性と機能性に優れた画期的なホテルばかり。宿泊してみると、客室のデザイン性と現代の機能にマッチしたアイデアに驚かされます。

沖縄の電源カフェ|ANTEROOM MEALS(ホテルアンテルーム那覇)

ラウンジでは、サンド系やカレーなどの軽食とドリンクを提供しています(詳しくは現地でメニュー要確認)。ラウンジは11時オープン。食事の提供が12時からです。

 

店内の様子

沖縄の電源カフェ|ANTEROOM MEALS(ホテルアンテルーム那覇)

明るい光が差し込む室内は明るく、泊大橋と海を一望できるカフェ。沖縄では珍しいハーバービューの景観が、なぜか健やかな気分にさせてくれます。

レストラン手前のラウンジだけ、コンセントを利用できます。駐車場を完備したホテルだから車で移動しやすく、打合せにも快適です。混雑していなければ、お一人様でも広いテーブルを独り占めして、ノートパソコンを広げてお仕事できますよ。

沖縄の電源カフェ|ANTEROOM MEALS(ホテルアンテルーム那覇)

1テーブルごとに2つのコンセント。集中して読書や勉強するのも良さそうです。ラウンジ手前のスペースには「NOMAD LOUNGE」もあり、そこでも電源を利用できます(9:00~21:00利用可)

 

カフェの特徴まとめ

■ 宿泊者以外でも利用可能、駐車場を完備
■ 快晴時、とにかく気持ちがいい
■ ハーバービューと泊大橋の景観が圧巻
■ 入口から驚愕!なデザイナーズホテル(楽しい)
■「シンプル is ベスト」な空間

店内の設備

Wi-Fiフリー
電源各テーブルにあり
食事軽食あり(12時〜)
ドリンク500円〜
利用料飲食代

 

■ ANTEROOM MEALS
沖縄県那覇市前島3-27-11ホテルアンテルーム那覇 2階
098-860-5151
11:00〜21:00(食事の提供は12時から)
駐車場:あり
https://okinawa-uds.co.jp/hotels/anteroom-naha/

10. 首里城からほど近い、高台に建つホテルノボテル沖縄那覇の1階「グルメバー」(那覇市字松川)

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

那覇の中心地から少し離れた首里城公園の周辺、高台に建つホテルノボテル沖縄那覇の1階にあるラウンジ「グルメバー」は、個人的におすすめしたい場所。寛げるソファ席で落ち着いて作業できる上に、ハンモックに寝転んだりと遊び心も忘れていない。つまり、気分転換しやすく長時間利用しても飽きないんですよ。

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

半日いても飽きない快適さと、壁一面がガラス張りになった明るく広いラウンジ。車でしか行けない場所柄か、平日はさほど混雑していません。

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)
沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

ホテル内にあるラウンジのため、食事の料金がやや高めですが、3杯のソフトドリンクが飲める「テレワークプラン」を1,200円(税サ込)で販売中。同日10時から19時までなら、時間無制限で使えます。途中、席を外して外出できるというわけです。

1日10食限定の「あぐーベーコンバーガー」は思いのほか、ビッグサイズ。肉厚ジューシーな熱々ハンバーグにかぶりつくも、バーガーが大きすぎて口に入らず、観念してナイフとフォークで食べました。食事や自家製ケーキがいただけます。

1杯1,000円(税サ込)と少しお高めだけど、Ripple Makerのマシーンで顔写真を描くラテアートが楽しいですよ。

 

店内の様子

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

一部のソファ席と中央のカウンターテーブルで電源を利用できます。

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

ゆったり寛ぎたいなら、クッション付きのソファ席。休憩がてら、ごろんとハンモックに座ると楽しくて、もう仕事どころではありません(ある意味、まずいなあ)。のんびりできる一方で、集中力が必要な作業が進む、進む。これがメリハリでしょうか。

トロピカルなドリンクを片手に読書に浸ったり、モチベーションが上がる電源カフェでした。

沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)
沖縄の電源カフェ|ノボテル沖縄那覇 グルメバー(那覇市)

店内の特徴

■ ハンモック席が楽しく、座り心地の安定感
■ 広いラウンジの開放感
■ 駐車場を完備(駅から遠く坂道、車移動を推奨)
■ 長時間利用するなら、テレワークプランが素敵
■ 椅子の座り心地がよく、疲れない

店内の設備

Wi-Fiあり
電源中央カウンター、一部のソファ席
食事洋食系、種類多い(やや高め)
ドリンク500円前後から
利用料飲食代

 

ホテルノボテル沖縄那覇1階の「グルメバー」
沖縄県那覇市字松川40
098-887-1111
10:00〜23:00(食事の提供は11:30から)
定休日:なし
https://www.novotelokinawanaha.jp/restaurant/gourmet-bar/

最後に「沖縄県立図書館」をご紹介(旭橋駅)

沖縄県立図書館観覧席として設けた勉強できる席数は全528席。恐るべき席数です……。コンセントを利用できる席もあり、とにかく静かな館内ですから、パソコンのキーボードを叩く音にも敏感になります。(静かにタイピングしましょー)

しかし、実はここ。館内での撮影禁止となっています。つまり、正式にライターとして取材を依頼をしないと、写真を……撮 影 で き な い ! !

勝手に写真を撮って、SNSにアップしてる方。それダメなんですわ〜! リニューアルオープン時に、私が取材をした記事を貼っておきますね。雰囲気を確認してみてください。

 

那覇市内の電源カフェはまだまだあります。お気に入りの電源カフェを見つけたら、随時更新していきますね。沖縄を拠点に活動する二拠点生活ライター・編集者 みやねえ( @miya_nee )でした。それでは、また!!

※一部、営業時間を変更している店舗があります。公式サイトやSNSで最新情報をご確認ください。

 

■こちらの記事も読まれてます

✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈ ✈
沖縄のライター・編集者チーム「OKINAWA GRIT(オキグリ)」では企業のインタビュー取材、PR記事、LP制作、広報支援+SNS運用などコンテンツ制作全般に対応。お気軽にご相談ください。