みやねえのWebuzz!!

二拠点生活フリーライター・編集者 みやねえ

【保存版】沖縄在住フリーランスが厳選!北谷町のおしゃれな電源カフェ特集(フリーWi-Fiあり)

1672 views
【保存版】沖縄在住フリーランスが厳選!北谷町のおしゃれな電源カフェ特集(フリーWi-Fiあり)

「海沿いに位置するアメリカンな街」

開放的で陽気なリゾート感が漂う北谷町の海岸線。もちろん町の敷地は広し、内陸部にも住宅街が存在する。

東シナ海沿いには、ウエディング撮影にも利用される散歩コースに適した安良波(アラハ)ビーチ、海水浴場のサンセットビーチ、そしてダイバーが行き交う爽快な砂辺海岸。ここ数年の間に、電源カフェとしても利用できるスポットが北谷町に一気に増え、朝から過ごせるオシャレなエリアとして確立しつつある。

 

沖縄を拠点に活動する二拠点生活フリーライター・編集者みやねえ(@miya_nee3)です。たまに一眼レフで撮影していたらだいぶ写真が溜まってました…。今回は、私がたまに利用している北谷町の電源カフェを厳選して紹介します。

 

1. スターバックス北谷国道58号店

北谷町の電源カフェ|スターバックス北谷国道58号店みんな大好き、スターバックス。ノマドの王道といえば、やはり「スタバ」だろう。国道58号線沿いに面し、ドライブスルーも利用できる「スターバックス北谷国道58号店」は、なんと朝6時オープン。

すぐ近くに「イオン北谷店」「美浜アメリカンビレッジ店」もあるが、さほど混雑しない「北谷国道58号店」が最も落ち着いて作業できる。

 

店内の様子

他の店舗と同じく、電源を利用できる席は限定されるが、ひとりでも利用しやすく長居できる。ソファの1名席、窓側のカウンター席、グループでも座れる大きめのテーブルなど、使い勝手の良さが嬉しい。

 

店内の設備

スターバックスのフリーWi-Fiを使用でき、利用方法は下記ページを参照。

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:あり(一部の席)
  • 食事:サンド系
  • ドリンク:280円(ドリップコーヒー)〜
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
スターバックス北谷国道58号店
北谷町美浜1-5-11
098-921-7816
6:00~24:00
定休日:なし

2. 静かに勉強できるカフェ「KEY’S CAFE沖縄北谷店」

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE国道58号線沿い、全国チェーンの「KEY’S CAFE」は、店内の半数近くの席がパソコン作業やひとりで勉強するのに適した作り。そのためか、学生が多く利用してる印象がある。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEEパスタ、グラタン、カレーなど洋食系の食事を提供し、一般的なボリュームと味。レギュラー(R)かラージ(L)のサイズを選べるドリンクだから滞在時間によってサイズをチョイスしたい。

 

店内の様子

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEEとにかく店内が静かで集中できる環境が整っている。快適なのが電源付きの窓側カウンター席。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE真ん中に敷居のある中央の大きなカウンターテーブルも電源付きだ。全体的に電源付きの席が多く、壁側のソファ席には電源がない。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE

 

電源カフェの特徴まとめ

  • サイズを選べるドリンク
  • 静かに勉強できるカフェ
  • ひとり利用に向いている
  • 電源席が多い
  • 席数多く、空いている

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:かなり多い
  • 食事:パスタ、カレーなどの洋食系
  • ドリンク:300円〜
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
KEY’S CAFE沖縄北谷店
北谷町北谷2-1−4
098-936-1245
9:00~22:00
定休日:なし

 

3. AIEN COFFEE & HOSTEL

北谷町の電源カフェ AIEN COFFEE & HOSTEL北谷町の砂辺海岸近くの住宅街に、2017年9月1日にオープンした「AIEN COFFEE & HOSTEL(アイエンコーヒーアンドホステル)」は、ホステルとカフェを融合したコミュニティスペース。もともとジバゴのスタッフだった人が共同運営で始めたカフェとホステルだ。

海が近く潮風が流れてきて くるのか、住宅街にありながらも快晴時はテラス席の開放感が半端ない。電源を利用できる席は少なめだが、スタッフに電源利用の旨を伝えれば、延長コードなどで対応してくれる。

朝7時からモーニングを提供し、ランチタイムから食べられるサンド系がおいしい。オリジナルのタコライスには、エスプレッソで使ったソースをトッピング。人気のエスプレッソトニックなど、コーヒーショップならではのアイデアを取り入れたメニューも展開している。


イタリアに本社を置く「LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)」のエスプレットマシーンで淹れるコーヒーが売り。

 

店内の様子

店名の由来は「合縁奇縁」。AIに通じる「藍色」で店内をディスプレイし、全体的に優しいオーラが漂うオシャレな作り。入口右側に描かれた紅型衣装の踊り子の粋な壁画が、唯一の沖縄らしさを醸し出す。


AIEN COFFEE & HOSTEL小上がりの椅子に畳を敷き、藍染のタペストリーが飾られ、和風の要素も忘れていない。海外の観光客が訪れることも想定してデザインされたカフェだけに、ある種の抜け感と日本らしさ、沖縄らしさが混ざり合い、個人的にはとても快適に利用できるカフェだと思っている。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 朝7時オープン。モーニングあり
  • 全般的に料理が美味しい
  • エスプレットトニックおすすめ
  • そよ風吹くテラス席が半端なく快適
  • スタッフが明るくて親切

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:一部の席にあり
  • 食事:サンド系、タコライス、モーニングなど
  • ドリンク:500円前後〜
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
AIEN COFFEE & HOSTEL
北谷町北谷町港6-9
098-989-1430
7:00~23:00(モーニング7:00~11:00、ランチタイム11:00~18:00、カフェ&バー18:00~23:00)
定休日:なし

 

以前、私が《取材・執筆・撮影》した記事を貼っておきます。

続きは、次のページへ

〚スポンサーリンク〛

この記事を書いたライター

みやねえ(miya-nee)
沖縄を拠点に活動する、二拠点生活フリーライター・編集者。沖縄のライターコミュニティ「OKINAWA GRIT」代表。2015年からWebライティング「みやねえ講座」を運営。[職歴]ツアーコンダクター➡HTMLコーダー/Webディレクター➡フリーランス/複数の新規立ち上げメディアに参画➡Webメディア編集長➡ライター講座の講師/二拠点生活フリーライター・編集者(いま)。