ウェブイズム!ライターの歩き方とWeb活用術

沖縄のフリーライター・編集者 みやねえ

沖縄くらし

Category
浦添市の住みやすさ。沖縄出身者が第二の地元として選んだ暮らしは、琉球の歴史や住人同士の結びつきが強い街だった - 沖縄くらしVol.8
2年ほど前、変わり映えのしない毎日を変えたくて、安易な気持ちから地元のうるま市を離れて浦添市に転職しました。うるま市の実家から1年ほど職場に通い、2019年にようやく一人暮らしを決意して、浦添市に住居を移したのです。 沖...
Uターン移住から見えた、沖縄県うるま市の暮らし!島の原風景が残る自然豊かな街、人混みから離れた静かな生活環境が魅力 - 沖縄くらしVol.6
沖縄にUターンして、早2年が過ぎました。僕の地元は、観光で訪れる人も少ない「うるま市」という沖縄本島中部に位置する街です。小学校4年生の時に沖縄市からうるま市へと引っ越して、服飾専門学校への進学をキッカケに上京する20歳...
沖縄移住して北谷町暮らし!海辺のリゾートワークや生活環境が整った便利さが、心身を健康にしてくれる - 沖縄くらしVol.3
高校の修学旅行で、はじめて訪れた沖縄。「こんなところに住めたら最高だな」と思い続けたものの、会社員時代はせいぜい1年に1回旅行でくるのが精一杯でした。独立すると沖縄↔︎東京間を往復する回数はどんどん増加。い...
那覇と浦添市の暮らし!沖縄都市モノレールで地元んちゅと巡る&探る、安里駅〜浦添てだこ駅(後編) - 沖縄くらしVol.5
沖縄に移住したいと話す友人夫婦に対し、「モノレール沿線なら、車のない君たちでも快適に暮らせるかもしれない」とアドバイスしたところから始まった、モノレール沿線を巡る旅。前編の記事では、那覇空港駅から牧志駅までの9駅とその周...
車がなくても大丈夫。沖縄都市モノレール沿線の生活環境を紐解く、地元んちゅと巡る&探る那覇の暮らし(前編) - 沖縄くらしVol.4
「ねえ、夫婦で沖縄に移住しようかと思うんだけどさ」 都会に住む友人からのメッセージに、反射的にこう返信した。「え、でも君、免許持ってないよね。車がないと沖縄はきついと思うよ。電車ないし」 返ってきたメッセージには、「あな...
海人の町、糸満市は主婦の暮らしに強い味方。戦跡の名残とともに、那覇や南部の自然に手が届く居心地の良さ
沖縄出身、糸満市在住5年目のフリーライター上原ねねと申します。那覇生まれの私が初めて糸満市に足を踏み入れたのは、高校1年の春でした。 小学生の頃からパティシエになりたいと思っていた私は、高校受験の的を調理科がある糸満市の...
沖縄移住当初に住んだ「那覇新都心」は、都会感と自然と人々の暮らしがマッチングした住みやすい場所だった - 沖縄くらしVol.1
沖縄に移住した当初、居住地を那覇市の北部に位置する、通称「那覇新都心」に決めました。その理由は、これから発展していくであろう町並みの都会感とアメリカナイズされた大きな複合商業施設が好奇心をそそったから。 日々進化していく...
沖縄の渋滞を快適に過ごすカーライフ「まるで呼吸をするように運転していた」
平日の朝、沖縄県内の主要道路は大渋滞する。 モノレール以外に電車のない沖縄は、通勤の足がもっぱら車かバイク。だから朝夕の通勤時間帯の渋滞は凄まじく、公共交通機関となる路線バスの遅延防止対策として「バスレーン」が設けられて...
【保存版】沖縄在住ライターが解説!沖縄のこだわりグルメとホテル選び、沖縄旅行に役立つ観光情報まとめ(沖縄本島編)
沖縄を拠点に活動するフリーライター・みやねえ(@miya_nee3)です。 沖縄情報の記事を書いていると、たまに沖縄のオススメ情報を教えてほしいとDMが送られてきます。 「沖縄で観光するならどこがおすすめですか」 「沖縄...