みやねえのWebuzz!!

沖縄在住フリーライター・編集者 みやねえ

沖縄の渋滞を快適に過ごすカーライフ「まるで呼吸をするように運転していた」

773 views
沖縄の渋滞を快適に過ごすカーライフ「まるで呼吸をするように運転していた」

平日の朝、沖縄県内の主要道路は大渋滞する。

モノレール以外に電車のない沖縄は、通勤の足がもっぱら車かバイク。だから朝夕の通勤時間帯の渋滞は凄まじく、公共交通機関となる路線バスの遅延防止対策として「バスレーン」が設けられている。

 

バスレーンと呼ばれるものには、国道58号線の那覇〜宜野湾間のように3車線中1車線だけを規制する「バス専用通行帯」、1車線対面通行の国際通りで片側車線(安里→県庁前向き)を規制する「バス専用道路」の2種類があり、平日の朝7時30分から9時まで、夕方17時30分から19時の間だけ「バスレーン」が突如出現する。

3車線の国道58号線でいえば、バスレーンの時間帯に突入すると歩道側の左車線が「バスレーン」になり、バスとタクシーとバイクだけが走行を許可され、一般車は残りの2車線を走行することになる。小さな看板や路面に「バス専用 7:30 – 9:00」と表記され、朝7時30分になったと同時に阿吽の呼吸のように一般車がバスレーンから外れていくのだ。

 

何も知らない観光客にはあらかた検討もつかず、「左側の車線だけが空いてる」とラッキーな気分でバスレーンを走行していると交通違反で捕まり罰金を支払う羽目になる。不定期で警察が見貼っているので「バスレーン」の時間帯は注意してほしい。

モノレール以外に電車がないこと。

主要道路の一部がバスレーン規制。

これらが通勤ラッシュの道路渋滞を巻き起こす要因でもあり、フレックスタイムやリモートワークを導入すれば企業価値が上がるかもしれない。朝から気疲れや余計な体力を使わずに済む環境ならば、仕事に集中できる。社員が仕事に精を出せば、売上倍増!商売繁盛!!とイイこと尽くしだろう。

 

素敵なカーライフが実現できると、沖縄では想像以上に大きな収穫をもたらすかもしれない、とそんな思いがふつふつと湧き上がってきた。

 

=====================

 

沖縄を拠点に活動するフリーライターみやねえ(@miya_nee3)です。

埼玉出身、沖縄に移住した頃はツアーコンダクターをやっており、その後Web制作会社を経ていつの間にかライターに転身していたリモートワークなフリーランスです。

七夕の前日、朝9時30分に沖縄本島・南部の与那原まで行ってきました。朝の道路渋滞が苦手です。しかし、高速道路で与那原までひとっ飛び!快適に渋滞をくぐり抜けました。

 

まずは、こちらのTVCMを一緒に見ていきましょう。

はあ、爽やかすぎる。そして、女優の吉岡里帆さんがめちゃくちゃかわいい。

 

2018年6月25日に発売された新型軽自動車「Mira TOCOT(トコット)」のTVCM「狭い道」編。ちびまる子ちゃんを実写化し、おとなまる子を演じるのが吉岡里帆さんです。

花輪くんに扮する竜星涼さんが目に止まり「アンナチュラルの南雲さんや!」とやや興奮気味で観賞しました。前髪を掻き上げる姿がやけに爽やかで、ナルシスト系の花輪くんが満面の笑顔だったから思わず笑ってしまった。

 

平日朝の渋滞をくぐり抜けて向かった先は、与那原の琉球ダイハツさん。新しく販売された「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会に参加するために行ってきました。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会Love Local by DAIHATSU

琉球ダイハツさん、仕事早すぎ。

 

 

ブロガー試乗体験会の当日は、てぃーだブログアワードを2年連続で受賞した強者ブロガーやフリーライターなど、沖縄の女性ブロガー8名が集合。見覚えのある顔がちらほらいて、試乗体験会の開始前から「ゆんたく、始まる」女性陣強し。

 

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会ダイハツカフェでフリードリンクのゆず茶を注文すると、グラスの下に砂糖漬けのゆずがふんわりと浮いていて、なにこれおいしい!となってお約束のように途中でもう1杯おかわり。

 

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会サービスのお茶菓子が「DAIHATSU」オリジナルで、コースターやおしぼりまでダイハツのロゴ入り。

やばいやばい。
ダイハツ限定のオリジナルだらけ。

(ちょっとテンション上がる)

 

ミラ トコットのミニチュアまであったし。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会ダイハツカフェでパンフレットを見ながら、スタッフさんらの説明を聞き「なるほどなるほどー」と漠然と脳裏で想像していた。

特に気になったのが、以下の6点です。

  1. 軽自動車で初の6つのエアバック搭載
  2. 緊急ブレーキのスマートアシストⅢ搭載
  3. フロント4つ、リヤ2つのコーナーセンサー付き
  4. 上部と後方を映すパノラマモニター搭載
  5. USB電源ソケット(2個)で充電できる
  6. 丸みを帯びたシンプルなデザイン

 

沖縄では必須のフロントガラスとフロントドアガラスのUVカットシートとハンドルの高さ調整を可能とし、リヤシートを倒すと荷物置き場にできるなど、従来の機能に新たに便利で安心・安全な機能を搭載した女性目線の新型軽自動車。

実際にMira TOCOT(トコット)に試乗してどんな体験ができるのか。特に緊急停車の「スマートアシストⅢ」機能が気になってしょうがない。

 

「では、外観と内装をご覧ください」

そうスタッフから声がかかり、全員で車の前に移動。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会最初に見たときの印象は、漠然と「この車、丸い」でした。(何気に楽しんでいる)

全体的には四角い。けれども全ての角の丸みが優しい印象を放つ。だから「丸くて、何だかカワイイ」それが最初の印象でした。

 

 まずは、Mira TOCOTの外観と車内を見学

丸いヘッドライトがかわいくて、咄嗟に「スピーカーみたいだ…」とハイテクなアート作品のようなものを勝手にイメージしてみる。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会運転初心者やペーパードライバーの不安を解消する安心なコーナーセンサーがリヤに2つ、フロントに4つ装備され、左右前後に障害物を発見すると、その都度ピーピーいうので駐車場でもぶつける心配がない。

 

しかも、新車のフル装備で約100万円弱という驚きの値段らしい。

(えっ。買おうかな?)

心の声が出た。

中古車の購入を考えてる人からしたら、新車で100万円弱とは心をくすぐられる代物だろう。

 

ミラ トコットの外観や車内の装備について細かく説明していく琉球ダイハツのスタッフさん。自分の目で見ている光景がスタッフの説明と同化して、得たばかりの知識と視点でさりげなく見学していたら面白い発見があちこちにあった。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会これがパノラマモニターという運転手の強い味方。車の上部を映したモニターもあり、スタッフ曰く「両サイドのドアにカメラがついていて▲■●…」と少しだけ解説いただき、今の時代にこういったパノラマモニターの搭載は必要不可欠なのだと思う。

だって「安心だもの(by みやねえ)」

 

花輪くんが動画で解説しています。


ミラ トコット 「花輪クンの駐車はドキドキ不要?」の巻 ダイハツ公式

 

車内に乗り込むと、ダイハツ Tantoのような女性好みの可愛らしさ。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会アイボリーのカラーと優しい印象を与える丸みを施したデザインが特徴的です。椅子の生地がまたいい感じの素材で、アースカラーや自然素材を好きな人が好みそうな質感でした。

 

そして沖縄のIT系女子に【朗報】です。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会運転中にUSBケーブルで充電できる素敵な機能があったのです。USBケーブルで繋げる機器なら、スマホもパソコンも移動中に充電でき、電源カフェを探さずに済むのは快適この上なし。

「リモートワークなフリーランス最強説!」

沖縄のリモートワーク環境が整っていく嬉しさを感じて、沖縄のビーチでノマドするのも夢じゃない未来が近づいてきた感じがする。

 わくわくとドキドキの時間!緊急ブレーキのスマートアシストⅢを体験

最も興味のあった緊急ブレーキの「スマートアシストⅢ」を体験する時間がやってきました。これは、以前から非常に気になっていた自動車の搭載機能のひとつです。

壁を目の前にギリギリで急停車するってどういうことですか?

 

高い場所からバンジージャンプで飛び降りるようなドキドキ感。衝突を回避する、または被害を軽減するスマートアシストの衝撃はいかに!?

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会後部座席に乗車すると、ドアにサンシェードを発見。フロントガラスとフロントドアのUVカットも嬉しく、沖縄だと車の紫外線対策は必須です。

そして、軽自動車なだけに天井は低めに感じますが、後部座席の足元が広かった。

 

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会さあ、スマートアシストを体験するお時間です。

3名のブロガーが一緒に乗車して全員が助手席で体感します。だからスマートアシストに3回トライ。最初はゆくっりと走行し、ラスト3回目はスピードを上げて突っ込みました。全員が初めての体験なだけに、車内では軽く叫び声。

 

「ひゃああああああー」

 

正直に言って意味がよくわからない。なぜ緊急ブレーキが作動するのか、どうして壁を目の前にして車が急停車できるのか。

ムズいムズい…。

 

実際の仕組みがどうなっているのかを考えるとムズい。そして、自動車技術のメカニズムの進化を見た。

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会緊急停車したあとに壁と車の距離を確認すると50cmほど。今回は軽くブレーキを踏みながらの急停車で「スマートアシストⅢ」は状況に合わせて4段階の方法で作動するそうです。

 TOCOT(トコット)を試乗してみた感想

足元にサイドブレーキ、フロントセンターにシフトレバーを設置。サイドミラーやバックミラーの調整は、従来の一般的な車と似てるので分かりやすいです。ハンドルとシートの高さや位置を調整して、TOCOTの試乗体験をスタート!

与那原の東浜周辺の道路をぐるりと1周。とにかく道が空いていて、自動車教習所のような走りやすい道路だから運転初心者でも気軽に試乗しやすいコース。

 

方向指示器ががややクセ者で「ワンタッチターンシグナル機能付方向指示器スイッチ」を採用。レバーを軽く押すと3回だけ点滅し、グググーっと下まで軽く押し込むと点滅が継続。

右左折後、たまにターンシグナルが点滅状態のままになることがありますよね。そんな時は軽くレバーをポンッ!と押すと点滅が消える仕組みです。

赤信号でブレーキを踏むと、アイドリングでエンジン停車。青信号に変わったら、ブレーキを強く踏み込むとエンジンが再始動!

うわ。マジですか…。

快適、簡単ですやん。

 

試乗中に感じたのが「めちゃくちゃ楽」だという感覚。

アクセルやパワーステアリングのハンドルがとにかく軽い。逆にいえば、スピードを出し過ぎてしまう恐れがありますが、力を入れずに運転できるので「軽くて快適」でした。

 

スタッフさんから感想を聞かれて…

「まるで呼吸をするように運転していた」

と答えたくらい、トコットを運転することが自分の身体に馴染んで自然と溶け込んでいるような気がしたんです。

 

今回の新型軽自動車「Mira TOCOT(トコット)」は、不満な部分が何もないくらい機能性、価格帯、デザインに優れていて、実物の車を見てカラーも申し分なし。

ルーフ部分をアイボリーで切り替えた2カラーのタイプも含めて、全12色を販売している「ミラ トコット」

若い女子向きの可愛らしいジューシーピンクメタリック。水色のサニーデイブルーメタリックは万人受けしそうな色合い。渋いブラウン系のプラムブラウンクリスタルマイカが自分的にはヒットで、大人しめの印象があったグレー系のセラミックグリーンメタリックが今回参加した女性ブロガーたちに人気でした。

全12色!トコットのカラーはこちら

 

気になった方は、琉球ダイハツさんに行ってまずは見学と試乗をしてみてください。

そして忘れずに、ダイハツカフェでおいしいアイスゆず茶とオリジナルのお菓子をいただいてくるのよー

 

疑問に思っていたことをひとつ聞き忘れてました。

「トコット」の名前の由来って、何ですか?

 

 

車社会の沖縄だからこそ、「快適なカーライフを!」

琉球ダイハツ「ミラ トコット」のブロガー試乗体験会後日、沖縄のメディア「てぃーだニュース」でも沖縄ブロガー試乗体験会の記事がアップされます。

🔻ミラ トコットの詳しい説明はこちらから🔻

車の移動時間を何かしらで有効活用できないかとずーっと考えていて、ここ最近はVoicyを聞いてます。

沖縄を拠点に活動するフリーライター・みやねえ(@miya_nee3)でした。

それでは、また!!

〚スポンサーリンク〛
二拠点生活フリーライター・みやねえのTwitterはこちらです。 もうひとつのブログ「note」も書いてます。