みやねえのWebuzz!!

沖縄在住フリーライター・編集者 みやねえ

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!北谷町の便利な電源カフェ特集(フリーWi-Fiあり)

【保存版】沖縄在住フリーランスが選んだ!北谷町の便利な電源カフェ特集(フリーWi-Fiあり)

5. THE CALIF KITCHEN OKINAWA

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHENCLIMAX COFFEEデポアイランド店と同じ建物の3階、アートなイラストの壁がフォトジェニックな「THE CALIF KITCHEN OKINAWA(ザ・カリフキッチンオキナワ)」

華やかな壁のイラストとブリトーをお目当てに来店する人が多いようで、アジア圏の観光客も訪れている。

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHEN

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHEN バラエティ豊かなブリトーとデザートのかき氷が人気。食事もデザートも全体的にボリュームがあり、かき氷は2名でシェアするとほどよい大きさ。通年食べられる「マンゴーかき氷」も提供している。

 

店内の様子

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHEN窓際のソファ席や中央の大きな電源付きテーブル席。2名掛けテーブルを人数に合わせてセッティングでき、空席があればわりと大人数でも入れるようだ。

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHEN店内も料理もフォトジェニックなインスタ映え。若い人向きともいえそうなカフェだが、店内の一角にキッズスペースを設けている。

週末は混雑が予想され、店内が賑やかでひとりだと利用しずらい印象はあるが、1〜2時間程度、落ち着いてパソコン作業したいなら、平日のランチを避けた時間帯に利用しよう。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 華やかなアートの壁
  • ブリトーとかき氷が売り
  • 観光客が多いためか、やや賑やか
  • 中央テーブルの電源多め
  • 朝8時からオープン

 

店内の設備

北谷町の電源カフェ CALIF KITCHEN

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:中央のテーブル席にあり
  • 食事:ブリトーとかき氷が人気
  • ドリンク:いろいろ
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
THE CALIF KITCHEN OKINAWA
北谷町美浜9−21 デポアイランドシーサイドビル3F
098-926-1010
8:00~22:00
定休日:なし

 

6. 静かに勉強できるカフェ「KEY’S CAFE沖縄北谷店」

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE国道58号線沿い、全国チェーンの「KEY’S CAFE」は、店内の半数近くの席がパソコン作業やひとりで勉強するのに適した作り。そのためか、学生が多く利用してる印象がある。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEEパスタ、グラタン、カレーなど洋食系の食事を提供し、一般的なボリュームと味。レギュラー(R)かラージ(L)のサイズを選べるドリンクだから滞在時間によってサイズをチョイスしたい。

 

店内の様子

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEEとにかく店内が静かで集中できる環境が整っている。快適なのが電源付きの窓側カウンター席。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE真ん中に敷居のある中央の大きなカウンターテーブルも電源付きだ。全体的に電源付きの席が多く、壁側のソファ席には電源がない。

北谷町の電源カフェ KEY'S COFFEE

 

電源カフェの特徴まとめ

  • サイズを選べるドリンク
  • 静かに勉強できるカフェ
  • ひとり利用に向いている
  • 電源席が多い
  • 席数多く、空いている

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:かなり多い
  • 食事:パスタ、カレーなどの洋食系
  • ドリンク:300円〜
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
KEY’S CAFE沖縄北谷店
北谷町北谷2-1−4
098-936-1245
9:00~22:00
定休日:なし

 

7. AIEN COFFEE & HOSTEL

北谷町の電源カフェ AIEN COFFEE & HOSTEL北谷町の砂辺海岸近くの住宅街に、2017年9月1日にオープンした「AIEN COFFEE & HOSTEL(アイエンコーヒーアンドホステル)」は、ホステルとカフェを融合したコミュニティスペース。もともとジバゴのスタッフだった人が共同運営で始めたカフェとホステルだ。

海が近く潮風が流れてきて くるのか、住宅街にありながらも快晴時はテラス席の開放感が半端ない。電源を利用できる席は少なめだが、スタッフに電源利用の旨を伝えれば、延長コードなどで対応してくれる。

朝7時からモーニングを提供し、ランチタイムから食べられるサンド系がおいしい。オリジナルのタコライスには、エスプレッソで使ったソースをトッピング。人気のエスプレッソトニックなど、コーヒーショップならではのアイデアを取り入れたメニューも展開している。


イタリアに本社を置く「LA MARZOCCO(ラ・マルゾッコ)」のエスプレットマシーンで淹れるコーヒーが売り。

 

店内の様子

店名の由来は「合縁奇縁」。AIに通じる「藍色」で店内をディスプレイし、全体的に優しいオーラが漂うオシャレな作り。入口右側に描かれた紅型衣装の踊り子の粋な壁画が、唯一の沖縄らしさを醸し出す。


AIEN COFFEE & HOSTEL小上がりの椅子に畳を敷き、藍染のタペストリーが飾られ、和風の要素も忘れていない。海外の観光客が訪れることも想定してデザインされたカフェだけに、ある種の抜け感と日本らしさ、沖縄らしさが混ざり合い、個人的にはとても快適に利用できるカフェだと思っている。

 

電源カフェの特徴まとめ

  • 朝7時オープン。モーニングあり
  • 全般的に料理が美味しい
  • エスプレットトニックおすすめ
  • そよ風吹くテラス席が半端なく快適
  • スタッフが明るくて親切

 

店内の設備

  • Wi-Fi:フリー
  • 電源:一部の席にあり
  • 食事:サンド系、タコライス、モーニングなど
  • ドリンク:500円前後〜
  • 利用料:飲食代

【店舗基本情報】
AIEN COFFEE & HOSTEL
北谷町北谷町港6-9
098-989-1430
7:00~23:00(モーニング7:00~11:00、ランチタイム11:00~18:00、カフェ&バー18:00~23:00)
定休日:なし

 

以前、私が《取材・執筆・撮影》した記事を貼っておきます。

このブログは、随時更新していきます。

 

2018年、沖縄で猛威を奮ったチャーミーこと、台風24号。沖縄本島では停電が続き、3日間、長いところでは5日間の停電を余儀なくされました。まさに、電気のありがたみたるや。スマホの充電まで切れてしまうと一切の情報から断絶されてしまう。

今の時代、災害対策に「モバイルバッテリー」は必需品なのだと思いました。2,000円台から低価格で購入できるので検討してみる価値ありですね。

そうなってくると、電源カフェに頼る必要性も低くなり、沖縄のビーチでノマドも夢じゃない…でしょう。

 

沖縄を拠点に活動する二拠点生活フリーライター・編集者みやねえ(@miya_nee3)でした。それでは、また!!

 

第一弾の「宜野湾市の電源カフェ特集」もよかったらご覧ください。

〚スポンサーリンク〛
二拠点生活フリーライター・みやねえのTwitterはこちらです。 もうひとつのブログ「note」も書いてます。